奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26831 reports
( Participation 525 Orgs )
report count
84878 reports
( compared to the privious fiscal year + 16220 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135508 reports
( compared to the privious fiscal year + 4372 reports )
video count
316 reports
( compared to the privious fiscal year + 316 reports )
( Participation 34 Orgs )

全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル 全国遺跡報告総覧シンポジウム当日資料 パネルディスカッション内容

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/18937
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.18937
引用表記 全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局 2016 『全国遺跡報告総覧:全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル 全国遺跡報告総覧シンポジウム当日資料 パネルディスカッション内容2016』全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局 2016 『全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル 全国遺跡報告総覧シンポジウム当日資料 パネルディスカッション内容2016』全国遺跡報告総覧
File
3次元画像
Title 全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル 全国遺跡報告総覧シンポジウム当日資料 パネルディスカッション内容
Participation-organizations 奈良文化財研究所 - 奈良県
Store Page https://www.nabunken.go.jp/publication/goods.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ぜんこくいせきほうこくそうらんのめりっととこうかいまでのはーどる ぜんこくいせきほうこくそうらんしんぽじうむとうじつはっぴょうしりょう ぱねるでぃすかっしょんないよう
Subtitle 文化遺産の記録をすべての人々へ!
Volume 2016
Series 全国遺跡報告総覧
Series Number
Author
Editorial Organization
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
Publisher
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
Publish Date 20161128
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type document
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
会期・会場: 平成28年11月28日:奈良文化財研究所平城宮跡資料館講堂 主催: 全国遺跡報告総覧プロジェクト 共催: 奈良文化財研究所, 島根大学附属図書館 後援: 国立国会図書館, 国立情報学研究所,全国埋蔵文化財法人連絡協議会。一般財団法人中辻創智社 学術研究や社会貢献を目的とした会議開催費助成事業
Site
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1415
File download : 804

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events