奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25026 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69382 reports
( compared to the privious fiscal year + 658 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132126 reports
( compared to the privious fiscal year + 1394 reports )

新発田城跡発掘調査報告書X

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/16543
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.16543
引用表記 新発田市教育委員会 2015 『新発田市埋蔵文化財発掘調査報告54:新発田城跡発掘調査報告書X』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 2015 『新発田城跡発掘調査報告書X』新発田市埋蔵文化財発掘調査報告54
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 新発田城跡発掘調査報告書X
Alternative しばたじょうあとはっくつちょうさほうこくしょじゅう
Subtitle (第26地点)
Volume
Series 新発田市埋蔵文化財発掘調査報告
Series Number 54
Author
Editorial Organization
新発田市教育委員会
Publisher
新発田市教育委員会
Publish Date 20150918
Publisher ID 15206
ZIP CODE 9592323
TEL 0254229534
Aaddress 新潟県新発田市乙次281番地2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 新発田城跡 第26地点
Site Name Transcription しばたじょうあと
Order in book
Address 新発田市大手町4丁目5番48号ほか
Address Transcription しばたしおおてちょう4ちょうめ5ばん48ごうほか
City Code 15206
Site Number 92
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375709.03
East Longitude (WGS) 1391935.13
Research Period
20140804-20141030
Research Space
400
Research Causes 県立新発田病院跡地整備事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
平安
Main Features
Main Foundings
須恵器
越前
Remark
Site Type
城館
Main Age
鎌倉
南北朝
室町
戦国
Main Features
土坑
Main Foundings
瀬戸美濃焼
信楽系陶器
珠洲焼
越前焼
土師質土器
Remark
Site Type
城館
Main Age
江戸
Main Features
礎石建物(門)
土坑
ピット
Main Foundings
肥前系陶磁器
鍋島焼
瀬戸美濃陶磁器
漆器
木製品
Remark 二ノ丸厘敷地跡から近世を中心とする遺構・遺物を検出し,その中には中ノ門の一部とみられる礎石や新潟県では二例目となる鍋島焼の皿が確認できる。
Site Type
その他
Main Age
明治
大正
昭和
Main Features
木柱列(柵列)
Main Foundings
木柱
Remark
Abstract 近世新発田城跡二ノ丸南側の重臣屋敷地(調査区①・②・③)及び二ノ丸堀(調査区④)の一部を調査した。
調査区①・②付近は、絵図から江戸初期は新発田藩の家老職を務める家柄である溝口伊織家,江戸後期には窪田平兵衛家の屋敷地であったと考えられる。土坑・溝等の遺構を検出したものの,これらの屋敷に関連するものかは不明である。出土遺物は近世陶磁器が主体で,その中には新潟県では二例目となる鍋島焼の皿が確認できる。
調査区②西側には土塁が巡っていたとみられるが,魔城後に削平・撞乱・整地を受けたため,痕跡を確認することはできなかった。
調査区③では中ノ門の一部と見られる土坑や南北方向に延びる木柱列を検出した。木柱列は明治から昭和期に存続した陸軍衛戍病院と道の境界を示す土塁もしくは木柵の痕跡と推定される。
調査区④からは堀の土留めと推定される杭列を検出した。出土遺物は,近世末期の肥前・瀬戸美濃産の陶磁器,瓦,木製品が主体である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 369
File download : 419

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events