Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24557 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68817 reports
( compared to the privious fiscal year + 51 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130276 reports
( compared to the privious fiscal year + 95 reports )

田向遺跡第1・2次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14933
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14933
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2015 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書217:田向遺跡第1・2次発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2015 『田向遺跡第1・2次発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書217
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 田向遺跡第1・2次発掘調査報告書
Participation-organizations Banner (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative たむかいいせきだい1・2じはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 217
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20150331
Publisher ID
ZIP CODE 9993246
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 田向遺跡 第1・2次
Site Name Transcription たむかいいせき
Order in book
Address 山形県村山市大字名取字田向
Address Transcription やまがたけんむらやましおおあざなとりあざたむかい
City Code 062081
Site Number 208-132
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 383017
East Longitude (WGS) 1402212
Research Period
20100517-20100824 20101026-20101129
20110516-20110613
Research Space
4500
200
Research Causes 東北中央自動車道(東根~尾花沢間)建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
溝跡
土坑」
柱穴
ピット
倒木痕
Main Foundings
土師器
須恵器
陶器
陶磁器
銭貨
瓦質陶器
石製品
Remark  田向遺跡は、最上川右岸の河島山段丘の南麓につながる標高約90mの低地部に立地する。 第1次調査は、調査面積4,500㎡、第2 次調査は200㎡を調査した。遺構は、溝跡、土坑、柱穴、倒木痕などが確認されたが、遺構からの出土遺物は少量であったため、遺構の時期特定には至っていない。溝跡は10条確認され、数条の溝跡は主軸方向が同方向であることから道路に付される側溝の可能性が考えられる。柱穴は約60基確認され、柱痕跡を確認したのは6基と少数であったが、これらは北西を主軸方向とした1列3基構成の2列の柱列状に位置し、柱列の可能性も考えられる。遺跡の遺構の分布域はB区を北限とし、またA区東側は昭和の開墾により削平を強く受けており、遺構はあまり確認されかった。A区西側が遺構の密集度が高いことから、さらに調査区西側に遺構が広がると考えられる。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 220
File download : 153

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events