奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
39748 reports
( Participation 736 Orgs )
report count
132279 reports
( compared to the privious fiscal year + 999 reports )
( Participation 1911 Orgs )
site summary count
147029 reports
( compared to the privious fiscal year + 1554 reports )
Article Collected
119910 reports
( compared to the privious fiscal year + 849 reports )
video count
1232 reports
( compared to the privious fiscal year + 43 reports )
( Participation 110 Orgs )
Event Collected
1129 reports
( compared to the privious fiscal year + 77 reports )
※過去開催分含む

東平遺跡 第136地区

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/139226
DOI 2D code
2D Code download
※二次元コードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.139226
For Citation 富士市教育委員会 2023 『富士市埋蔵文化財調査報告78:東平遺跡 第136地区』富士市教育委員会
富士市教育委員会 2023 『東平遺跡 第136地区』富士市埋蔵文化財調査報告78
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=祐樹|last=佐藤|title=東平遺跡 第136地区|origdate=2023-03-31|date=2023-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/139226|location=静岡県富士市伝法66番地の2|doi=10.24484/sitereports.139226|series=富士市埋蔵文化財調査報告|volume=78}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 東平遺跡 第136地区
Participation-organizations 富士市 - 静岡県
Store Page https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kyouiku/c0403/fmervo000000aysq.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ひがしだいらいせき だい136ちく
Subtitle
Volume
Series 富士市埋蔵文化財調査報告
Series Number 78
Author
Editorial Organization
富士市教育委員会
Publisher
富士市教育委員会
Publish Date 20230331
Publisher ID 22210
ZIP CODE 4170061
TEL 0545307850
Aaddress 静岡県富士市伝法66番地の2
Report Type Codes
埋蔵文化財(遺跡等)-発掘調査・分布調査・資料調査等
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Articles
Japanease Title 総括
English Title
Author
佐藤 祐樹 , SATO Yuki
Pages 83 - 89
NAID
Prefecture Shizuoka Prefecture
Age 飛鳥白鳳 奈良
文化財種別 史跡 考古資料 有形文化財
遺跡種別 集落 古墳
遺物(材質分類) 土器 土製品(瓦含む)
学問種別 考古学
テーマ 資料集成 流通・経済史 その他
Related Url
For Citation
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=祐樹|last=佐藤|contribution=総括|title=東平遺跡 第136地区|date=2023-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/139226|location=静岡県富士市伝法66番地の2|doi=10.24484/sitereports.139226|series=富士市埋蔵文化財調査報告|volume=78}} 閉じる
Abstract  東平遺跡は、静岡県東部、富士山南麓に広がる大淵扇状地の緩斜面上に位置する。遺跡の西には伝法沢川が流れ、潤井川から分岐した小潤井川に合流し駿河湾へと至る。遺跡の南東部に所在する富知六所浅間神社周辺は富士山の溶岩末端部分に位置し、現在も湧水が認められており、和田川となって駿河湾へ注ぎ込む。
 東平遺跡では、これまでに行われた調査で、整然と並び建てられた掘立柱建物群や380軒近くの竪穴建物が確認されており、奈良時代における駿河国富士郡の郡衙と考えられている。また、遺跡内には郡衙周辺寺院に位置づけられる寺院(三日市廃寺跡)が存在したことが布目瓦の分布から明らかとなっている。
 本書で報告する第136地区においても、8世紀から9世紀にかけて、建物軸を揃えて計画的に建てられたとみられる掘立柱建物5棟(SH2001 ~2005)と、同時期の竪穴建物9軒(SB2001 ~ 2009)が検出されている。竪穴建物からは畿内産(系)土器や、腰帯具、製塩土器が出土するなど、宿泊機能を有する館とそれに伴う饗宴空間という特別な空間が整備されていたと想像できる。本地区内には富士郡司の祖先墓と位置付けられる東平第1号墳が7世紀中葉に築かれており、本地区一帯が富士郡家にとって特別なエリアであったと結論付けられる。
Site
Site Name 東平遺跡 第136地区
Site Name Transcription ひがしだいらいせき
Order in book 1
Address 富士市伝法
Address Transcription ふじしでんぼう
City Code 22210
Site Number 42
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351018.88
East Longitude (WGS) 1384036.74
Dd X Y 35.171911 138.676872
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20210115-20210121
20210510-20210903
Research Space
234.432
1276.62
Research Causes 確認調査・本発掘調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
掘建柱建物
竪穴建物
溝状遺構
ピット
土坑
Main Foundings
土師器
須恵器
灰釉陶器
土製品(人形)
石製品(紡錘車)
金属製品(鉈尾)
Remark
Abstract  東平遺跡は、静岡県東部、富士山南麓に広がる大淵扇状地の緩斜面上に位置する。遺跡の西には伝法沢川が流れ、潤井川から分岐した小潤井川に合流し駿河湾へと至る。遺跡の南東部に所在する富知六所浅間神社周辺は富士山の溶岩末端部分に位置し、現在も湧水が認められており、和田川となって駿河湾へ注ぎ込む。
 東平遺跡では、これまでに行われた調査で、整然と並び建てられた掘立柱建物群や380軒近くの竪穴建物が確認されており、奈良時代における駿河国富士郡の郡衙と考えられている。また、遺跡内には郡衙周辺寺院に位置づけられる寺院(三日市廃寺跡)が存在したことが布目瓦の分布から明らかとなっている。
 本書で報告する第136地区においても 東平遺跡は、静岡県東部、富士山南麓に広がる大淵扇状地の緩斜面上に位置する。遺跡の西には伝法沢川が流れ、潤井川から分岐した小潤井川に合流し駿河湾へと至る。遺跡の南東部に所在する富知六所浅間神社周辺は富士山の溶岩末端部分に位置し、現在も湧水が認められており、和田川となって駿河湾へ注ぎ込む。
 東平遺跡では、これまでに行われた調査で、整然と並び建てられた掘立柱建物群や380軒近くの竪穴建物が確認されており、奈良時代における駿河国富士郡の郡衙と考えられている。また、遺跡内には郡衙周辺寺院に位置づけられる寺院(三日市廃寺跡)が存在したことが布目瓦の分布から明らかとなっている。
 本書で報告する第136地区においても、8世紀から9世紀にかけて、建物軸を揃えて計画的に建てられたとみられる掘立柱建物5棟(SH2001 ~2005)と、同時期の竪穴建物9軒(SB2001 ~ 2009)が検出されている。竪穴建物からは畿内産(系)土器や、腰帯具、製塩土器が出土するなど、宿泊機能を有する館とそれに伴う饗宴空間という特別な空間が整備されていたと想像できる。本地区内には富士郡司の祖先墓と位置付けられる東平第1号墳が7世紀中葉に築かれており、本地区一帯が富士郡家にとって特別なエリアであったと結論付けられる。、8世紀から9世紀にかけて、建物軸を揃えて計画的に建てられたとみられる掘立柱建物5棟(SH2001 ~2005)と、同時期の竪穴建物9軒(SB2001 ~ 2009)が検出されている。竪穴建物からは畿内産(系)土器や、腰帯具、製塩土器が出土するなど、宿泊機能を有する館とそれに伴う饗宴空間という特別な空間が整備されていたと想像できる。本地区内には富士郡司の祖先墓と位置付けられる東平第1号墳が7世紀中葉に築かれており、本地区一帯が富士郡家にとって特別なエリアであったと結論付けられる。

Related Cultual Data

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 34
File download : 48

All Events

外部出力