Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23679 件
( 発行機関数 460 機関 )
現在の書誌登録数
62097 件
( 前年度比 + 13630 件 )
( 発行機関数 1584 機関 )
現在の遺跡抄録件数
126795 件
( 前年度比 + 32733 件 )
[ 展覧会 ] 2019-07-13 〜 2019-09-23 兵庫県

木を視て 森を観る ~植物利用の考古学~

【展覧会概要】

 植物―木や草は、古くより人々の「衣・食・住」にかかわる身近な資源のひとつです。遺跡から出土するものと言えば、土器や石器が注目されがちですが、近年の考古学の成果によって、植物利用の歴史が少しずつ明らかになってきています。縄文時代、植物は人々の大切な食料でした。稲作が伝わった弥生時代、木工技術の発展によって多様な木製品を人々は生み出しました。
 今回の企画展では縄文時代から弥生時代を中心に、植物利用の歴史を主に3つのテーマ「植物を食べる」「編む・組む・織る」「木を加工する」に分けて、遺跡出土の考古資料で概観します。また、植物にかかわる自然科学分析の方法や成果について解説し、実際に顕微鏡を覗ける「分析体験コーナー」も設けます。

【会期】

令和元年7月13日(土曜)~令和元年9月23日(月曜・祝日)
開館時間:10時~17時(ただし、入館は16時30分まで)

【会場】

神戸市埋蔵文化財センター 企画展示室

【関連イベント】

展示解説とバックヤードツアー
 学芸員による展示解説と、当館の非公開収蔵庫の探検ツアーを開催します。
 日時:9月8日(日曜)
 各回 (1)10:30~11:30  (2)14:00~15:00  当日受付  参加無料
Banner
主催神戸市教育委員会
連絡先
神戸市埋蔵文化財センター
TEL:078-992-0656
このエントリーをはてなブックマークに追加

内容が似ている報告書