奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28934 件
( 発行機関数 568 機関 )
現在の書誌登録数
89308 件
( 前年度比 + 1291 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137415 件
( 前年度比 + 1734 件 )
現在の文化財論文件数
15197 件
( 前年度比 + 14380 件 )
現在の文化財動画件数
488 件
( 前年度比 + 78 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
530 件
( 前年度比 + 22 件 )
※過去開催分含む

高根遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90832
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90832
引用表記  (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター 2021 『岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書724:高根遺跡発掘調査報告書』国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所他
 (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター 2021 『高根遺跡発掘調査報告書』岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書724
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=正晴|last=西澤|first2=直美|last2=丸山|first3=純一|last3=河本|first4=文行|last4=光井|first5=康佑|last5=中島|first6=剛|last6=佐藤|first7=友咲|last7=久保|first8=裕貴|last8=野中|title=高根遺跡発掘調査報告書|origdate=2021-03-12|date=2021-03-12|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90832|location=岩手県盛岡市下飯岡11 地割185 番地|doi=10.24484/sitereports.90832|series=岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書|volume=724}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 高根遺跡発掘調査報告書
発行(管理)機関 (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター - 岩手県
書名かな こうねいせきはっくつちょうさほうこくしょ
副書名 三陸沿岸道路建設事業関連遺跡発掘調査
巻次
シリーズ名 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 724
編著者名
編集機関
 (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
発行機関
国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所
(公財)岩手県文化振興事業団
発行年月日 20210312
作成機関ID
郵便番号 0200853
電話番号 0196389001
住所 岩手県盛岡市下飯岡11 地割185 番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 高根遺跡
遺跡名かな こうねいせき
本内順位
遺跡所在地 岩手県宮古市山口11地割
所在地ふりがな いわてけんみやこしやまぐち 11ちわり
市町村コード 03202
遺跡番号 LG23- 1253
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 393934.4
東経(世界測地系)度分秒 1415545.3
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 39.659555 141.929249
調査期間
20140409-20141114
20150417-20151211
20160407-20161017
調査面積(㎡)
10460
調査原因 三陸沿岸道路 建設
遺跡概要
種別
集落
製鉄
散布地
時代
縄文
古代(細分不明)
中世(細分不明)
主な遺構
竪穴建物
土坑
フラスコ状土坑
炉跡
製鉄炉跡
主な遺物
縄文土器
石器
石製品
土製品
骨角器等
羽口
鉄滓類
特記事項 縄文時代中期の大規模な貯蔵穴(フラスコ状土坑)群の調査。約450 基の貯蔵穴が急な斜面上に立地するのが今回調査の最大の特徴。ヒスイ、アオトラ石、北陸系土器など遠方から持ち込まれた遺物も出土。
要約 高根遺跡の3回目の調査となる。1・2回目は宮古市教育委員会の調査。調査の結果、縄文時代中期の大規模な集落であることが判明。約450 基のフラスコ状土坑(貯蔵穴)が急な斜面上に展開する。竪穴建物跡は、比較的低い地点に立地。フラスコ状土坑(貯蔵穴)は、中期前葉に形成しはじめ、中期後葉から末葉までの間に構築され続ける。ピークは中期中葉であろう。これまでの調査も含めると、居住域、貯蔵域、墓域など尾根ごと(空間ごと)に分けられていることがわかる。また、時期ごとにもその空間配置が変化していることが判明した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 84
ファイルダウンロード数 : 184

全国のイベント

外部出力