奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
29200 件
( 発行機関数 576 機関 )
現在の書誌登録数
94680 件
( 前年度比 + 6682 件 )
( 発行機関数 1789 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137757 件
( 前年度比 + 2009 件 )
現在の文化財論文件数
15289 件
( 前年度比 + 14472 件 )
現在の文化財動画件数
584 件
( 前年度比 + 174 件 )
( 登録機関数 58 機関 )
文化財イベント件数
547 件
( 前年度比 + 39 件 )
※過去開催分含む

元岡・桑原遺跡群30

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/88546
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.88546
引用表記 福岡市教育委員会 2018 『福岡市埋蔵文化財調査報告書1355:元岡・桑原遺跡群30』福岡市教育委員会
福岡市教育委員会 2018 『元岡・桑原遺跡群30』福岡市埋蔵文化財調査報告書1355
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=紀宣|last=大塚|first2=智希|last2=上角|first3=陽一郎|last3=比佐|first4=和歳|last4=加藤|first5=誠|last5=尾崎|first6=直博|last6=豊島|first7=大輔|last7=齊藤|first8=俊也|last8=朝岡|first9=菜穂|last9=松園|first10=康俊|last10=坂上|first11=治之|last11=東野|first12=要一|last12=西山|title=元岡・桑原遺跡群30|origdate=2018-03-26|date=2018-03-26|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/88546|location=福岡県福岡市中央区天神1丁目8番1号|doi=10.24484/sitereports.88546|series=福岡市埋蔵文化財調査報告書|volume=1355}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 元岡・桑原遺跡群30
発行(管理)機関 福岡市 - 福岡県
書名かな もとおか・くわばらいせきぐん30
副書名 元岡古墳群G-6号墳・庚寅銘大刀の考察
巻次
シリーズ名 福岡市埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 1355
編著者名
編集機関
福岡市教育委員会
発行機関
福岡市教育委員会
発行年月日 20180326
作成機関ID 40130
郵便番号 8108621
電話番号 0927114667
住所 福岡県福岡市中央区天神1丁目8番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 元岡・桑原遺跡群 第56次調査
遺跡名かな もとおか・くわばらいせきぐん
本内順位
遺跡所在地 福岡県福岡市西区大字元岡
所在地ふりがな ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおか
市町村コード 40135
遺跡番号 2782
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 333515
東経(世界測地系)度分秒 1301250
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.5875 130.213888
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
調査期間
20100914-20121228
調査面積(㎡)
6970
調査原因 大学移転事業
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
古墳
主な遺物
鉄製武器
大刀
鉄製工具
鉄製馬具
青銅製鈴
須恵器
土師器
特記事項 金象嵌銘文大刀(「庚寅」銘大刀)・青銅製大型鈴等、古墳時代後期~終末期の地域の盟主墳とみなせる副葬品が出土。
要約 2011年に発掘調査され、2013年に報告された元岡古墳群G-6号墳と、その古墳から出土した庚寅銘大刀に関する保存処理報告およびG-6号墳と庚寅銘大刀に関する論考を集成し、考察編としてまとめたもの。 保存処理編では庚寅銘大刀が出土してからの保存処理の経緯について詳細に記録し、銘文表出の過程を検証できるようになっている。G-6号墳出土鉄器の報告では、前回報告でクリーニングが施されていなかった鉄器について錆落とし・接合を行い、G-6号墳出土の鉄器について改めて報告を行っている。 考察編では保存処理、考古学・文献史学等の分野から幅広い論考を集成し、G-6号墳および庚寅銘大刀の歴史的背景と意義について検討を行っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 67
ファイルダウンロード数 : 151

全国のイベント

外部出力