奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
26424 件
( 発行機関数 520 機関 )
現在の書誌登録数
70922 件
( 前年度比 + 2244 件 )
( 発行機関数 1692 機関 )
現在の遺跡抄録件数
134872 件
( 前年度比 + 3805 件 )
現在の文化財動画件数
261 件
( 前年度比 + 261 件 )
( 登録機関数 28 機関 )

首里城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70158
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70158
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2020 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書103:首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2020 『首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書103
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 首里城跡
発行(管理)機関 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
書名かな しゅりじょうあと
副書名 美福門磴道地区発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 103
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20200228
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 首里城跡(美福門磴道地区)
遺跡名かな しゅりじょうあと(びふくもんとうどうちく)
本内順位
遺跡所在地 沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目1番
所在地ふりがな おきなわけんなはししゅりとうのくらちょう3ちょうめ1ばん
市町村コード 47201
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 261302
東経(世界測地系)度分秒 1274311
調査期間
20190107-20190116
調査面積(㎡)
30
調査原因 国営沖縄記念公園(首里城地区)整備に伴う遺構確認調査
遺跡概要
種別
城館
時代
近代(細分不明)
グスク
琉球王朝
主な遺構
階段
主な遺物
特記事項 美福門から延びる階段(磴道)を確認
要約 今回の調査区は、平成9年度調査区の二階殿地区と平成26年度調査区の継世門北地区の間に位置する。過去の調査では、尚巴志王代(1422~1439年)創建とされる美福門及びそこから南東方向に延びる階段を検出していたが、今回の調査でも階段の一部を確認した。本遺構は磴道とも称されるもので、幅広の踏面と高い蹴上という特徴的な形態を有する。継世門北地区で1~14段を把握していたが、今回は10~13段の西側延長範囲に加え、12・13段の西端で階段の側面と思われる部分も確認した。これにより、同所における階段の幅員や、琉球石灰岩の基盤層を階段状に加工しその上に平滑な石材を敷設するという構築方法などが判明した。年代については、遺物の出土がなかったため判然としないが、隣接する継世門北地区の成果から15~17世紀頃と考えられる。
 また、今回の調査で美福門及び一帯の全容が把握されたため、過年度の成果を含めて一体的に検討することにより、当該地区における遺構や土地利用の変遷の一端を窺い知ることも可能となった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 230
ファイルダウンロード数 : 251

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント