奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28934 件
( 発行機関数 568 機関 )
現在の書誌登録数
89308 件
( 前年度比 + 1291 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137415 件
( 前年度比 + 1734 件 )
現在の文化財論文件数
15197 件
( 前年度比 + 14380 件 )
現在の文化財動画件数
488 件
( 前年度比 + 78 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
530 件
( 前年度比 + 22 件 )
※過去開催分含む

布尻遺跡発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/54453
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.54453
引用表記 公益財団富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課 2019 『富山県文化振興財団埋蔵文化財発掘調査報告76:布尻遺跡発掘調査報告2』公益財団富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課
公益財団富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課 2019 『布尻遺跡発掘調査報告2』富山県文化振興財団埋蔵文化財発掘調査報告76
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=美佐子|last=島田|first2=賢一|last2=町田|first3=由克|last3=中村|first4=和弘|last4=坂上|title=布尻遺跡発掘調査報告|origdate=2019-03-25|date=2019-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/54453|location=富山県富山市五福4384番1号|ncid=BB27979342|doi=10.24484/sitereports.54453|series=富山県文化振興財団埋蔵文化財発掘調査報告|volume=76}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 布尻遺跡発掘調査報告
発行(管理)機関 (公財)富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課 - 富山県
書名かな ぬのしりいせきはっくつちょうさほうこく
副書名 猪谷楡原道路建設に伴う埋蔵文化財発掘報告
巻次 2
シリーズ名 富山県文化振興財団埋蔵文化財発掘調査報告
シリーズ番号 76
編著者名
編集機関
公益財団富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課
発行機関
公益財団富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課
発行年月日 20190325
作成機関ID
郵便番号 9300887
電話番号 0764424229
住所 富山県富山市五福4384番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 布尻遺跡
遺跡名かな ぬのしりいせき
本内順位
遺跡所在地 富山県富山市布尻
所在地ふりがな とやまけんとやましぬのしり
市町村コード 16201
遺跡番号 301029
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 363117
東経(世界測地系)度分秒 1371352
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.521388 137.231111
調査期間
20050523-20051208
調査面積(㎡)
13500
調査原因 道路(猪谷楡原道路)建設に伴う事前調査
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
主な遺構
竪穴建物
石組炉
柱列
埋設土器
集石遺構
敷石遺構
石囲い遺構
土坑
主な遺物
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
中近世陶磁器
石製品
焼骨
特記事項 縄文時代中期前葉から後葉を主体とする竪穴建物や後期の集石遺構等を検出。縄文時代早期中葉~晩期までの多量の土器と石製品が出土。
要約 昭和51年度の調査で県内初の六角形敷石住居が発見されるなど、県内では著名な縄文時代の遺跡であるが、今回の調査では、前回調査の下層にあたる面から中期前葉~後葉を主体とする竪穴建物が17棟見つかった。また、その上層からは豊富は自然礫を利用した後期~晩期の集石遺構や敷石遺構が見つかっている。早期から晩期までの多量の縄文土器からはその分布域から集落の時期毎の変遷をうかがうことができ、またその文様などの特徴から、飛騨や中部高地との交流をうかがうことができる。
約1,700点に及ぶ石製品のほとんどは磨製石斧と打製石斧が占めるが、その分析から石材の利用傾向や搬入経路が推定することができる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 1079
ファイルダウンロード数 : 17213

全国のイベント

外部出力