奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28155 件
( 発行機関数 551 機関 )
現在の書誌登録数
88558 件
( 前年度比 + 508 件 )
( 発行機関数 1739 機関 )
現在の遺跡抄録件数
136289 件
( 前年度比 + 627 件 )
現在の文化財論文件数
1232 件
( 前年度比 + 415 件 )
現在の文化財動画件数
426 件
( 前年度比 + 15 件 )
( 登録機関数 47 機関 )
文化財イベント件数
513 件
( 前年度比 + 5 件 )
※過去開催分含む

乙亥正屋敷廻遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/49574
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.49574
引用表記 鳥取県埋蔵文化財センター 2019 『鳥取県埋蔵文化財センター調査報告書68:乙亥正屋敷廻遺跡38』鳥取県埋蔵文化財センター
鳥取県埋蔵文化財センター 2019 『乙亥正屋敷廻遺跡38』鳥取県埋蔵文化財センター調査報告書68
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 乙亥正屋敷廻遺跡
発行(管理)機関 鳥取県埋蔵文化財センター - 鳥取県
書名かな おつがせ やしきまわり いせき
副書名 一般国道9号(鳥取西道路)の改築に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 38
シリーズ名 鳥取県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 68
編著者名
編集機関
鳥取県埋蔵文化財センター
発行機関
鳥取県埋蔵文化財センター
発行年月日 20190318
作成機関ID 31201
郵便番号 6800151
電話番号 0857276711
住所 鳥取市国府町宮下1260
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 乙亥正屋敷廻遺跡
遺跡名かな
本内順位
遺跡所在地 鳥取県鳥取市鹿野町乙亥正
所在地ふりがな とっとりけんとっとりしおつがせ
市町村コード 31201
遺跡番号 16-244
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 352954
東経(世界測地系)度分秒 1340258
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.498333 134.049444
調査期間
20140417-20160927
調査面積(㎡)
6080
調査原因 一般国道9号(鳥取西道路)の改築
遺跡概要
種別
集落
時代
弥生
古墳
主な遺構
竪穴住居
段状遺構
土坑
主な遺物
弥生土器
木器
石器
八禽鏡(破鏡)
巴形銅器
土師器
須恵器
特記事項
要約 乙亥正屋敷廻遺跡では、縄文時代から近世に至る遺物や遺構を確認した。
特に、弥生時代後期から古墳時代前期にかけては、東に開く谷部とそれを囲む丘陵斜面上に集落を形成しており、多数の遺構とともに、多量の土器、木器などが良好な状態で出土している。谷部には豊富な湧水が見られ、検出された溝状遺構の中には、横板と杭を用いた護岸を施す物も見られる。丘陵斜面部では、急峻な斜面に平坦面を作出して住居、段状遺構を設けており、調査区外においても同様の地形が見られることから、丘陵斜面全体に居住域が広がっていたものと想定される。
出土遺物には、容器類、建築部材をはじめとした多種多様の木器が認められ、この場で加工・製作を行っていたと考えられるが、その際に用いたはずの鉄製工具の出土は見られない。
当遺跡は、豊富な水資源と周囲に広がる森林資源が集落基盤の背景にあったと類推され、出土遺物に八禽鏡、巴形銅器が見られることから、当時の中心的な集落の一つであったことが考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 530
ファイルダウンロード数 : 1068

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント