奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
29890 件
( 発行機関数 597 機関 )
現在の書誌登録数
112518 件
( 前年度比 + 24556 件 )
( 発行機関数 1858 機関 )
現在の遺跡抄録件数
138572 件
( 前年度比 + 2679 件 )
現在の文化財論文件数
21394 件
( 前年度比 + 20577 件 )
現在の文化財動画件数
669 件
( 前年度比 + 259 件 )
( 登録機関数 65 機関 )
文化財イベント件数
588 件
( 前年度比 + 80 件 )
※過去開催分含む

海戸田遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21640
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21640
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2015 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告49:海戸田遺跡』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2015 『海戸田遺跡』静岡県埋蔵文化財センター調査報告49
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=司|last=及川|first2=貴|last2=岩本|first3=三男|last3=鈴木|title=海戸田遺跡|origdate=2015-03-31|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/21640|location=静岡県静岡市駿河区谷田23番20号|ncid=BB18419595|ncid=AA12664240|doi=10.24484/sitereports.21640|series=静岡県埋蔵文化財センター調査報告|volume=49}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 海戸田遺跡
発行(管理)機関 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
書名かな かいとだいせき
副書名 平成24・25年度(主)吉田大東線社会資本整備総合交付金(県道道路改築)及び平成26年度(主)吉田大東線防災・安全交付金(県道道路改築)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 49
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20150331
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 海戸田遺跡
遺跡名かな かいとだいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県菊川市吉沢430-4他
所在地ふりがな しずおかけんきくがわしよしざわ430-4ほか
市町村コード 22224
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 344618.5
東経(世界測地系)度分秒 1380647.9
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.771805 138.113305
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
調査期間
20120704-20130325
20130807-20131031
調査面積(㎡)
939
374
調査原因 道路建設事業
遺跡概要
種別
集落
その他の生産遺跡
散布地
時代
縄文
弥生
古墳
奈良
平安
中世(細分不明)
主な遺構
溝状遺構
不明遺構
自然流路
堰状遺構
主な遺物
縄文土器
石鏃
弥生土器
土師器
須恵器
灰釉陶器
貿易陶磁
国内産陶器
土錘
漆椀
曲物
特記事項 種別:散布地 集落 生産地
要約  上層では平安時代末~鎌倉時代のものと考えられる溝状遺構や自然流路等を検出している。自然流路内には、杭と丸太の横木に細かい枝木を横たえるように組まれた遺構を確認した。横木と枝木は3層に亘って構築されている。その構造から、流路の流れを堰き止め、水位を上げる用途をもった堰と考えられる。その交点が調査区外のため確認はできなかったが、位置関係から見て水路と考えられるSD01の取水用に設けられたものと考えられる。谷口に位置する沖積地であるこの一帯の土地利用を進めるにあたって、水路を構築し、自然流路から取水、各水田等へ配水していたと考えられる。また、下層からは弥生時代後期の土器と石が多量に出土する溝跡が確認された他、縄文土器や古墳時代から奈良時代の土師器等が出土しており、この一帯での人々の活動の様子を知ることができる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 222
ファイルダウンロード数 : 137

全国のイベント

外部出力