Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
22287 件
( 前年度比 + 1135 件 )
( 発行機関数 431 機関 )

立道遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21639
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21639
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 立道遺跡
書名かな たつみちいせき
副書名 新東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 48
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20150331
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 立道遺跡
遺跡名かな たつみちいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県御殿場市茱萸沢字立道1081-9外
所在地ふりがな しずおかけんごてんばしぐみざわあざたちみち1081-9ほか
市町村コード 22215
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 351822
東経(世界測地系) 1385506
調査期間
201440120-20140312
調査面積
342
調査原因 新東名建設事業
種別
散布地
田畑
主な時代 古代+鎌倉+近世+近代+現代
主な遺構 土坑、溝状遺構、小穴
主な遺物 土師器、灰釉陶器、山茶碗、国産陶磁器、陶磁瓶
特記事項
要約

 試掘確認調査では、17ヶ所のテストピットを設定し調査した。その結果に基づき、遺構が集中していると想定される地点で本発掘調査を実施した。古代~中世の遺物として土師器及び、灰釉陶器ないし山茶碗の小片が出土したが、他から持ち込まれた可能性もあり、本遺跡に本来あったものか不明である。包含層中より、近世陶器が出土した。試堀確認調査及び本調査で、遺構として土坑、溝状遺構、小穴が検出された。調査区内には宝永テフラの堆積が残存している部分があり、遺構の中には宝永テフラ層より古いと考えられるものが存在する。土坑はバリエーションがあり、円形のものと、細長い長方形で整然としたつくりのもの等に分類できる。遺構に伴う遺物は皆無であり、正確な時期比定は困難だが、近世以降の所産で、新しいものは近代まで下るかもしれない。整然とした長方形土坑は耕作に関わる遺構(天地返し痕)の可能性が強い。また、円形土坑は大型で、墓壙の可能性を想定した。表土出土のものを含め近世陶磁器が少量出土したが、新しい時期の客土等に混入したものが含まれている可能性がある。重機による表土等掘削中に常滑片と白磁瓶を採取した。白磁瓶は化粧クリームの容器の可能性が考えられる。底部に製造に関わる記号が認められた。それによれば、岐阜県土岐郡下石町(現土岐市)でアジア・太平洋戦争期に、統制品として生産された瓶であることが判明した。全体として、掘削面積等から見て僅少な遺物量であり、遺構も直接生活に関連するものはなく、耕作等を除き人が常時立ち入る土地ではなかったと想定される。なお、自然科学分析により、調査区の一部で検出されたスコリア層は、プライマリーな宝永テフラ層であることが確認できた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 67
ファイルダウンロード数 : 75

全国のイベント

内容が似ている報告書