奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
30321 件
( 発行機関数 600 機関 )
現在の書誌登録数
112714 件
( 前年度比 + 24772 件 )
( 発行機関数 1859 機関 )
現在の遺跡抄録件数
138768 件
( 前年度比 + 2858 件 )
現在の文化財論文件数
23312 件
( 前年度比 + 22495 件 )
現在の文化財動画件数
696 件
( 前年度比 + 286 件 )
( 登録機関数 67 機関 )
文化財イベント件数
605 件
( 前年度比 + 97 件 )
※過去開催分含む

西洞遺跡Ⅱ 第二東名№8地点 旧石器時代・縄文時代編

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21594
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21594
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告2:西洞遺跡Ⅱ 第二東名№8地点 旧石器時代・縄文時代編』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『西洞遺跡Ⅱ 第二東名№8地点 旧石器時代・縄文時代編』静岡県埋蔵文化財センター調査報告2
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=元樹|last=三好|first2=利枝|last2=柳澤|title=西洞遺跡Ⅱ 第二東名№8地点 旧石器時代・縄文時代編|origdate=2012-01-31|date=2012-01-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/21594|location=静岡県静岡市駿河区谷田23番20号|ncid=BB08356670|ncid=AA12664240|doi=10.24484/sitereports.21594|series=静岡県埋蔵文化財センター調査報告|volume=2}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 西洞遺跡Ⅱ 第二東名№8地点 旧石器時代・縄文時代編
発行(管理)機関 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
書名かな にしぼらいせきに だいにとうめいなんばーはちちてん きゅうせっきじだい・じょうもんじだいへん
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 2
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120131
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 西洞遺跡
遺跡名かな にしぼらいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県沼津市足高尾上166-2外
所在地ふりがな しずおかけんぬまづしあしたかおのうえ166-2ほか
市町村コード 22203
遺跡番号 144
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 350907
東経(世界測地系)度分秒 1385055
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.151944 138.848611
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
19980201-19980331
19980401-19990331
20070401-20070831
調査面積(㎡)
10790
調査原因 新東名建設
遺跡概要
種別
集落
時代
旧石器
縄文
主な遺構
礫群
配石
ブロック
土坑
集石
主な遺物
台形石器
ナイフ形石器
尖頭器
掻器
細石刃
石刃
土器
有茎尖頭器
石鏃
石匙
楔形石器
礫器
打製石斧
敲石
磨石
稜部磨石
石皿
台石
特記事項
種別
散布地
時代
主な遺構
主な遺物
特記事項
要約 BBⅤに相当する第Ⅰ文化層では、13基のブロックが設定された。天城柏峠産黒曜石で構成されるブロックは規模が大きく、小さい環状ブロックとして捉えられる。周囲には石器数が乏しく製品を持たない、細粒安山岩で構成されるブロックが認められる。打面・作業面転移を繰り返す剥片剥離によって台形石器などの製品が作られる。
YLLに相当する第Ⅴ文化層では、11基のブロックが設定された。礫群を重複する4基のブロックは大規模で、蓼科冷山産黒曜石やガラス質安山岩を用いた石器製作が行われる。ナイフ形石器、尖頭器、掻器、石刃などの器種が含まれる。
 縄文時代では草創期の隆帯文土器から中期の曽利Ⅱ式土器までの期間の土器が出土した。特に条痕文系と勝坂式土器はほぼ完形にまで復原される個体も含まれる。石器は一部の器種を除いて時期が明確ではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 506
ファイルダウンロード数 : 367

全国のイベント

外部出力