奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
29209 件
( 発行機関数 578 機関 )
現在の書誌登録数
94705 件
( 前年度比 + 6707 件 )
( 発行機関数 1789 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137776 件
( 前年度比 + 2027 件 )
現在の文化財論文件数
15304 件
( 前年度比 + 14487 件 )
現在の文化財動画件数
590 件
( 前年度比 + 180 件 )
( 登録機関数 58 機関 )
文化財イベント件数
549 件
( 前年度比 + 41 件 )
※過去開催分含む

大塚遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20223
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20223
引用表記 公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2016 『兵庫県文化財調査報告481:大塚遺跡』兵庫県教育委員会
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2016 『大塚遺跡』兵庫県文化財調査報告481
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=弘幸|last=久保|title=大塚遺跡|origdate=2016-03-25|date=2016-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/20223|location=兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号|ncid=BB21845525|ncid=AN00153392|doi=10.24484/sitereports.20223|series=兵庫県文化財調査報告|volume=481}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 大塚遺跡
発行(管理)機関 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
書名かな おおつかいせき
副書名 (都)尾上小野線都市計画道路事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 兵庫県文化財調査報告
シリーズ番号 481
編著者名
編集機関
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部
発行機関
兵庫県教育委員会
発行年月日 20160325
作成機関ID
郵便番号 6508567
電話番号
住所 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
遺跡調査番号:2011263
遺跡調査番号:2012116
加古川市
所収論文
所収遺跡
遺跡名 大塚遺跡
遺跡名かな おおつかいせき
本内順位
遺跡所在地 加古川市野口町良野
所在地ふりがな かこがわしのぐちちょうよしの
市町村コード 28210
遺跡番号 110641
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 344505
東経(世界測地系)度分秒 1345040
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.751388 134.844444
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
調査期間
20100817-201110147
20130124-20130308
調査面積(㎡)
1136
992
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
奈良
鎌倉
主な遺構
掘立柱建物跡
主な遺物
弥生土器
円筒埴輪
須恵器
土師器
陶磁器
特記事項
要約 奈良時代~鎌倉時代の溝、鎌倉時代の掘立柱建物跡が検出された。溝は、おおむね南北方向に延びている。溝内からの出土遺物はきわめて僅少であり、時期の推定には不安を残。掘立柱建物跡は調査区南部に位置している、総柱式の建物跡である。建物跡に沿った雨落ちと推定される溝から、鎌倉時代の須恵器椀が出土している。調査の結果、奈良時代には調査地付近は耕地化されていたと推定された。また、鎌倉時代には集落が成立しているが、遺構密度がごく低いことを考慮するならば、集落の縁辺部に相当するものと思われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 365
ファイルダウンロード数 : 200

全国のイベント

外部出力