奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
27146 件
( 発行機関数 530 機関 )
現在の書誌登録数
86902 件
( 前年度比 + 18265 件 )
( 発行機関数 1726 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135919 件
( 前年度比 + 4762 件 )
現在の文化財動画件数
349 件
( 前年度比 + 349 件 )
( 登録機関数 36 機関 )
文化財イベント件数
489 件
( 前年度比 + 74 件 )
※過去開催分含む

新城下原第二遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19289
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19289
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2006 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書35:新城下原第二遺跡』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2006 『新城下原第二遺跡』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書35
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 新城下原第二遺跡
発行(管理)機関 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
書名かな あらぐすく しちゃばるだいにいせき
副書名 キャンプ瑞慶覧内整備工場建設に係る緊急発掘調査報告書
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 35
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20060331
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町字上原193番地の7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 新城下原第二遺跡
遺跡名かな あらぐすく しちゃばるだいにいせき
本内順位
遺跡所在地 沖縄県宜野湾市・北谷町
所在地ふりがな おきなわけんぎのわんし・ちゃたんちょう
市町村コード 472051
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
調査期間
19990809-20050930
調査面積(㎡)
2762.5
調査原因 キャンプ瑞慶覧内におけるガソリンスタンド及び車両整備工場の建設
遺跡概要
種別
貝塚
田畑
散布地
時代
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
近世(細分不明)
近代(細分不明)
グスク
主な遺構
水田遺構
川跡
イモガイ集積
主な遺物
陶質土器
沖縄産陶器
本土産陶磁器
中国産陶磁器
滑石製バレン状製品
木杭
貝塚後期土器
弥生土器
石器
貝製品
貝類遺体
貝塚中期土器
石製品
貝塚前期土器
爪形文土器
骨製品
動物遺体
植物遺体
特記事項 擬似畦畔と区画検出、川底でイモガイ集積遺構検出、黒曜石の石鏃出土、装飾的な石製品出土、当時の様相が窺える豊富な遺物

種別:生産遺跡 貝塚 散布地

主な時代:近世から近代 グスク 弥生から平安並平行 縄文時代晩期 後期 早期 
要約 本報告書は、那覇防衛施設局から委託を受けて平成11年度から平成16年度(6ヶ年)まで実施した、新城下原第二遺跡の発掘調査成果をまとめたものである。発掘調査及び資料整理は沖縄県教育委員会が主体となり、沖縄県立埋蔵文化財センターが実施した。遺跡は宜野湾市から北谷町にまたがり、後背に丘陵を擁し、前面に東シナ海が広がる広大な沖積地に立地する近世・近代から貝塚時代早期に至る複合遺跡である。調査の結果、近世・近代の水田遺構、グスク時代の水田遺構、貝塚時代後期の川跡やイモガイ集積、貝塚時代早期(爪形文土器)の貝塚等が確認され、それに伴って多量の遺物が出土した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 450
ファイルダウンロード数 : 833

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント