奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
26412 件
( 発行機関数 520 機関 )
現在の書誌登録数
70914 件
( 前年度比 + 2236 件 )
( 発行機関数 1692 機関 )
現在の遺跡抄録件数
134839 件
( 前年度比 + 3775 件 )
現在の文化財動画件数
259 件
( 前年度比 + 259 件 )
( 登録機関数 28 機関 )

飯島遺跡 発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/15294
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.15294
引用表記 新発田市教育委員会 (生涯学習課 文化行政室 埋蔵文化財係) 2015 『新発田市埋蔵文化財調査報告53:飯島遺跡 発掘調査報告書3』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 (生涯学習課 文化行政室 埋蔵文化財係) 2015 『飯島遺跡 発掘調査報告書3』新発田市埋蔵文化財調査報告53
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 飯島遺跡 発掘調査報告書
書名かな いいじまいせき はっくつちょうさほうこくしょ
副書名 県営経営体育成基盤整備事業(佐々木南部郷2期地区)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 3
シリーズ名 新発田市埋蔵文化財調査報告
シリーズ番号 53
編著者名
編集機関
新発田市教育委員会 (生涯学習課 文化行政室 埋蔵文化財係)
発行機関
新発田市教育委員会
発行年月日 20150318
作成機関ID 15206
郵便番号 9592323
電話番号 0254229534
住所 新潟県新発田市乙次281番地2
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 飯島遺跡
遺跡名かな いいじまいせき
本内順位
遺跡所在地 新潟県新発田市飯島字上谷地972番地ほか
所在地ふりがな にいがたけんしばたしいいじまかみやち972ばんちほか
市町村コード 15206
遺跡番号 57
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 375556.75
東経(世界測地系)度分秒 1391648.25
調査期間
20090525-20090617
20120607-20120808
調査面積(㎡)
1850
調査原因 県営経営体育成 基盤整備事業 (佐々木南部郷 2期地区)
遺跡概要
種別
集落
時代
平安
主な遺構
掘立柱建物7
柵列3
井戸1
土坑7
溝20
主な遺物
土師器
須恵器
黒色土器
斎串
特記事項
要約 新発田市域を流れる河川は,かつては直接日本海へと流れ込むことができなかったことから,海岸砂丘の内陸側には,広範に潟湖や湿地が広がっていたといわれる。近年の調査により,飯島遺跡の周辺には細長い微高地が点在し,それらの微高地上には飯島遺跡と同時期の集落が営まれていたと判明している。微高地の周囲には小河川が流れ,湿地が広がっており,これらの集落は,互いに内水面を利用した交流を盛んに行っていたと考えられている。
 今回の飯島遺跡の調査では,掘立柱建物7棟,柵列3列,井戸1基,土坑7基,溝20条のほか,ピット100基ほどが見つかっている。調査区は遺跡範囲の一部のみで,細長く狭小であったため,建物の全容が判明したものはなく,集落の変遷や具体像に迫る成果にはあまり恵まれていない。だが,そのような中でも,15号溝や1号井戸などの遺構からは,比較的まとまった量の遺物が出土している。15号溝出土土器群は8世紀末~9世紀前半頃,1号井戸出土土器群は9世紀中葉~第3四半期頃に位置付けられる良好な資料である。これらの土器群は,当地域の古代の土器を考察していくうえで,重要な資料になり得るといえよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 322
ファイルダウンロード数 : 301

全国のイベント

外部出力

内容が似ている報告書

内容が似ているイベント