Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23857 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
62731 reports
( compared to the privious fiscal year + 14287 reports )
( Participation 1586 Orgs )
site summary count
127106 reports
( compared to the privious fiscal year + 33202 reports )

放亀山古墳群調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/63411
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.63411
引用表記 赤穂市教育委員会 2019 『赤穂市文化財調査報告書88:放亀山古墳群調査報告書』赤穂市教育委員会
赤穂市教育委員会 2019 『放亀山古墳群調査報告書』赤穂市文化財調査報告書88
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 放亀山古墳群調査報告書
Participation-organizations 赤穂市 - 兵庫県
Store Page http://www.ako-hyg.ed.jp/bunkazai/books/bunken.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ほうきやまこふんぐんちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 赤穂市文化財調査報告書
Series Number 88
Author
Editorial Organization
赤穂市教育委員会
Publisher
赤穂市教育委員会
Publish Date 20190331
Publisher ID 28212
ZIP CODE 678-1181
TEL 0791-43-6962
Aaddress 兵庫県赤穂市加里屋81番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 放亀山古墳群
Site Name Transcription ほうきやまこふんぐん
Order in book
Address 兵庫県赤穂市東有年及び有年楢原
Address Transcription ひょうごけんあこうしひがしうねおよびうねならばら
City Code 28212
Site Number 130149-130153
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344950
East Longitude (WGS) 1342242
Research Period
20180115-20180331
Research Space
75
Research Causes 遺跡保護を目的とした重要遺跡の範囲確認調査
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
前方後円墳
Main Foundings
土師器
Remark 確認調査を実施した1号墳は古墳時代前期前半の前方後円墳。
Abstract  赤穂市北部の有年地区に位置する放亀山古墳群の分布調査及び範囲確認調査報告書。
 分布調査の結果、放亀山古墳群は古墳時代前期から終末期まで、14基の古墳からなる古墳群であることが明らかになった。
 また範囲確認調査の結果、1号墳は全長38mの前方後円墳であることが明らかになった。墳丘の残存状況は非常に良好で、前方部・後円部ともに二段築成となること、明確な隆起斜道を持つこと、特殊なくびれ部構造を持つことなどが明らかになった。また、後円部墳頂では墓壙及び埋葬施設への供献土器群が検出され、前期前半の前方後円墳であることが明らかになった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 68
File download : 18

All Events

Similar Reports

Similar Events