Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23679 reports
( Participation 460 Orgs )
report count
62097 reports
( compared to the privious fiscal year + 13630 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126795 reports
( compared to the privious fiscal year + 32733 reports )

全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/18936
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.18936
引用表記 全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局 2016 『全国遺跡報告総覧:全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル2016』全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局 2016 『全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル2016』全国遺跡報告総覧
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 全国遺跡報告総覧のメリットと公開までのハードル
Participation-organizations Banner 奈良文化財研究所 - 奈良県
Store Page https://www.nabunken.go.jp/publication/goods.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ぜんこくいせきほうこくそうらんのめりっととこうかいまでのはーどる
Subtitle 文化遺産の記録をすべての人々へ!
Volume 2016
Series 全国遺跡報告総覧
Series Number
Author
Editorial Organization
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
Publisher
全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局
Publish Date 20161128
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type document
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
会期・会場: 平成28年11月28日:奈良文化財研究所平城宮跡資料館講堂 主催: 全国遺跡報告総覧プロジェクト 共催: 奈良文化財研究所, 島根大学附属図書館 後援: 国立国会図書館, 国立情報学研究所,全国埋蔵文化財法人連絡協議会
Site
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 2011
File download : 587

All Events

Similar Reports

Similar Events