奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30326 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112714 reports
( compared to the privious fiscal year + 24772 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138777 reports
( compared to the privious fiscal year + 2858 reports )
現在の文化財論文件数
23317 reports
( compared to the privious fiscal year + 22500 reports )
video count
697 reports
( compared to the privious fiscal year + 287 reports )
( Participation 67 Orgs )
文化財イベント件数
605 reports
( compared to the privious fiscal year + 97 reports )
※過去開催分含む
Report Type List > other > 松原市内所在の文化財総合調査2

松原市内所在の文化財総合調査2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90378
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90378
引用表記 公益財団法人元興寺文化財研究所 2021 『松原市文化財報告10:松原市内所在の文化財総合調査2』松原市教育委員会
公益財団法人元興寺文化財研究所 2021 『松原市内所在の文化財総合調査2』松原市文化財報告10
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=光真|last=服部|first2=徹誠|last2=三宅|first3=雅規|last3=酒井|title=松原市内所在の文化財総合調査2|origdate=2021-03-25|date=2021-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90378|location=大阪府松原市阿保1-1-1|ncid=BC06491967|doi=10.24484/sitereports.90378|series=松原市文化財報告|volume=10}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 松原市内所在の文化財総合調査2
Participation-organizations 松原市 - 大阪府
Store Page https://www.city.matsubara.lg.jp/bunka/bunkazai/6/5590.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative まつばらしないしょざいのぶんかざいそうごうちょうさ2
Subtitle -丹南・来迎寺-
Volume
Series 松原市文化財報告
Series Number 10
Author
Editorial Organization
公益財団法人元興寺文化財研究所
Publisher
松原市教育委員会
Publish Date 20210325
Publisher ID 27217
ZIP CODE 5808501
TEL 0723341550
Aaddress 大阪府松原市阿保1-1-1
Report Type other
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
頒布価格2400円(税込)
所収論文
Japanease Title 融通念仏宗中本山来迎寺の確立過程
English Title
Auther
服部 光真 , Hattori Mitsumasa
Pages 331 - 339
NAID
Prefecture Osaka Prefecture
Age 安土桃山 江戸
文化財種別 歴史資料
遺跡種別 社寺
遺物(材質分類) 繊維製品(紙含む)
学問種別 文献史学
テーマ 資料紹介 資料集成 制度・政治 宗教
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=光真|last=服部|contribution=融通念仏宗中本山来迎寺の確立過程|title=松原市内所在の文化財総合調査2|date=2021-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90378|location=大阪府松原市阿保1-1-1|ncid=BC06491967|doi=10.24484/sitereports.90378|series=松原市文化財報告|volume=10}} 閉じる
Abstract 大阪府松原市丹南の諸仏山護念院来迎寺が所蔵する17世紀を中心とする古文書4566点を検討することにより、本寺・大念佛寺や別時下の講中や村々との関係にも留意しながら、融通念仏宗の中本山寺院が確立する過程を明らかにし、近世融通念仏教団における六別時のあり方特質についても考察。
【目次】
はじめに
第1節 定堂化以前の十箇郷別時辻本道場
第1項 来迎寺の草創
第2項 挽道場としての「十箇郷別時」と「来迎寺」寺号の成立
第2節 来迎寺の定堂化と寛文・延宝期の動向
第1項 来迎寺の定堂化
第2項 寛文・延宝期の来迎寺と講中
第3節 来迎寺確立期としての源通期
第1項 住持の知識化
第2項 源通による来迎寺再興と「中本山」の確立
むすびに
Japanease Title 来迎寺と丹南藩
English Title
Auther
酒井 雅規 , Sakai Masaki
Pages 340 - 346
NAID
Prefecture Osaka Prefecture
Age 安土桃山 江戸 明治
文化財種別 歴史資料
遺跡種別 城館 社寺
遺物(材質分類) 繊維製品(紙含む)
学問種別 文献史学
テーマ 資料紹介 資料集成 制度・政治 宗教
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=雅規|last=酒井|contribution=来迎寺と丹南藩|title=松原市内所在の文化財総合調査2|date=2021-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90378|location=大阪府松原市阿保1-1-1|ncid=BC06491967|doi=10.24484/sitereports.90378|series=松原市文化財報告|volume=10}} 閉じる
Abstract 大阪府松原市丹南の諸仏山護念院来迎寺が所蔵する17世紀を中心とする古文書から、18世紀に丹南藩の準菩提寺化を遂げ、19世紀の藩主参詣を契機に緊密な関係を形成していく展開を検討し、近世中・後期を通じた来迎寺と丹南藩の関係を跡づける。
【目次】
はじめに
第1章 18世紀の来迎寺と丹南藩
第1節 来迎寺の「準菩提寺」化
第2節 霊鳳と丹南騒動
第2章 19世紀の来迎寺と丹南藩
第1節 来迎寺の住持義縁の藩主「御目見」
第2節 高木正剛の来迎寺参詣
第3節 丹南藩からの来迎寺への奉加
おわりに
Site
Abstract 松原市丹南に所在する融通念佛宗寺院の来迎寺(丹南本山来迎寺)は、融通念佛宗中興の法明が河内国に組織した融通念仏集団である六別時のひとつ十箇郷別時の辻本寺院である。江戸時代に丹南藩主の高木氏より寺地を与えられて以降は菩提寺となっている。
本書は、『松原市内所在の文化財総合調査1-丹南・来迎寺-』の続編にあたり、掲載史料は古文書、版木、聖教である。古文書は、約4500点の近世文書が主体であるが、慶長17年(1612)「御本尊道具渡申分」のような近世教団確立期以前のものも確認されている。また、版木は絵像、在家伝法、法会に関するものが59点確認されている。さらには、前回調査後に新たに確認された伝巻類や次第類の聖教63点を補遺として掲載している。
本書に収録された史料は、近世期の融通念佛宗中本山寺院に関する良好な一括史料であり、今後近世期の融通念佛宗に関する研究を進めるうえでの基礎資料となるものである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 249
File download : 69

All Events

外部出力