奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27996 reports
( Participation 545 Orgs )
report count
88368 reports
( compared to the privious fiscal year + 315 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
136026 reports
( compared to the privious fiscal year + 368 reports )
現在の文化財論文件数
1209 reports
( compared to the privious fiscal year + 392 reports )
video count
418 reports
( compared to the privious fiscal year + 7 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む
Report Type List > report > 富山市友坂遺跡発掘調査報告書

富山市友坂遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90068
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90068
引用表記 有限会社毛野考古学研究所 富山支所 2020 『富山市埋蔵文化財調査報告103:富山市友坂遺跡発掘調査報告書』富山市教育委員会 埋蔵文化財センター
有限会社毛野考古学研究所 富山支所 2020 『富山市友坂遺跡発掘調査報告書』富山市埋蔵文化財調査報告103
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 富山市友坂遺跡発掘調査報告書
Participation-organizations 富山市 - 富山県
Alternative とやましともさかいせきはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle 朝日小学校プール改築工事に伴う埋蔵文化財調査報告
Volume
Series 富山市埋蔵文化財調査報告
Series Number 103
Author
Editorial Organization
有限会社毛野考古学研究所 富山支所
Publisher
富山市教育委員会 埋蔵文化財センター
Publish Date 20201225
Publisher ID 16201
ZIP CODE 9392798
TEL 0764652146
Aaddress 富山県富山市婦中町速星754
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 友坂遺跡
Site Name Transcription ともさかいせき
Order in book
Address 富山県富山市婦中町下条 ほか
Address Transcription とやまけんとやましふちゅうまちげじょう ほか
City Code 16201
Site Number 0429
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 364032
East Longitude (WGS) 1370858
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.675555 137.149444
Research Period
20191113-20191226
Research Space
152
Research Causes 朝日小学校プール改築工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
古代(細分不明)
鎌倉
南北朝
室町
Main Features
中世柵
礎石建物
竪穴建物
土坑
かわらけ廃棄土坑
ピット
Main Foundings
古代須恵器
土製支脚
中世土師器
八尾
珠洲
青磁
白磁
土錘
鞴羽口
砥石
刀子
Remark 中世館跡に伴う柵や溝を検出
Abstract  友坂遺跡は、富山市北西部に位置し、井田川左岸の氾濫平野に立地する。西側500 mには南北に延びる呉羽丘陵がある。
 調査では中世の柵3 条、礎石建物1 棟、竪穴建物3 基、溝13 条、土坑13 基、ピット77 基を検出した。友坂遺跡の過去調査で確認されている館跡に関連する遺構と考えられた。出土遺物は12 ~ 15 世紀に及び、館跡の変遷を6 時期で捉えることができた。
 過去調査を含めて6 時期を概観すると、方形館成立以前の友坂1・2 期(12 世紀後半~ 13 世紀)には、古代から続く地割を踏襲しながら、区画性を帯びた小規模な居住空間が形成される。友坂3 期(14 世紀前半)になると新たな地割に基づいた方形館が成立し、友坂4・5 期の二度の改修を経て、16 世紀初頭まで継続する。館内には柵、掘立柱建物、井戸、竪穴状土坑などが検出される。友坂6 期(16 世紀前半~)には館跡は廃絶するが、今回の調査で礎石建物が検出されるなど、中世末から近世まで集落の継続が確認される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 54
File download : 39

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events