奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27996 reports
( Participation 545 Orgs )
report count
88368 reports
( compared to the privious fiscal year + 315 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
136026 reports
( compared to the privious fiscal year + 368 reports )
現在の文化財論文件数
1209 reports
( compared to the privious fiscal year + 392 reports )
video count
418 reports
( compared to the privious fiscal year + 7 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む
Report Type List > report > 福島県内遺跡分布調査報告27

福島県内遺跡分布調査報告27

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/86565
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.86565
引用表記 福島県教育庁文化財課 2020 『福島県文化財調査報告書543:福島県内遺跡分布調査報告2727』福島県教育委員会
福島県教育庁文化財課 2020 『福島県内遺跡分布調査報告2727』福島県文化財調査報告書543
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 福島県内遺跡分布調査報告27
Participation-organizations 福島県教育委員会 - 福島県
Store Page https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/70017a/
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ふくしまけんないいせきぶんぷちょうさほうこく27
Subtitle
Volume 27
Series 福島県文化財調査報告書
Series Number 543
Author
Editorial Organization
福島県教育庁文化財課
Publisher
福島県教育委員会
Publish Date 20201009
Publisher ID 070009
ZIP CODE 9608688
TEL 0245211111
Aaddress 福島県福島市杉妻町2-16
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 宮平遺跡
Site Name Transcription みやだいらいせき
Order in book 1
Address 福島県東白川郡矢祭町大字下関河戸
Address Transcription ふくしまけんひがししらかわぐんやまつりまちおおあざしもせきごうど
City Code 074829
Site Number 00058
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 365025
East Longitude (WGS) 1402602
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.840277 140.433888
Research Period
20190527-20190528
Research Space
46
Research Causes 道路事業に係る試掘・確認調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
Main Foundings
縄文土器
Remark 阿武隈川上流河川改修事業建設予定地内(郡山市)の黒田遺跡で確認調査を実施したところ、縄文時代の遺構・遺物を確認したため、建設予定地内の1,800㎡を保存協議を要する範囲とした。
また、同予定地内(郡山市)の徳定A・B遺跡で確認調査を実施したところ、古墳~奈良・平安時代の遺構・遺物を確認したため、建設予定地内の3,000㎡を保存協議を要する範囲とした。
Abstract 福島県教育委員会が令和元年度に実施した、国道349号改良工事・小名浜道路・只見川河川整備事業・阿武隈川上流河川改修事業建設予定地内の周知の埋蔵文化財及び埋蔵文化財推定地を対象とする試掘・確認調査の報告書である。
52,000㎡を対象とした試掘・確認調査の結果、周知の埋蔵文化財包蔵地2箇所の合計面積4,800㎡について保存が必要と判断した。また、只見川河川整備事業では、1件の周知の埋蔵文化財包蔵地、1件の埋蔵文化財包蔵推定地の判断を未確定とした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 141
File download : 84

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events