奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27996 reports
( Participation 545 Orgs )
report count
88368 reports
( compared to the privious fiscal year + 315 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
136026 reports
( compared to the privious fiscal year + 368 reports )
現在の文化財論文件数
1209 reports
( compared to the privious fiscal year + 392 reports )
video count
418 reports
( compared to the privious fiscal year + 7 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む
Report Type List > report > 細山田段遺跡1

細山田段遺跡1

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/71200
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.71200
引用表記 公益財団法人鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター 2020 『公益財団法人鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター発掘調査報告書25:細山田段遺跡11』公益財団法人鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
公益財団法人鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター 2020 『細山田段遺跡11』公益財団法人鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター発掘調査報告書25
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 細山田段遺跡1
Participation-organizations 鹿児島県教育委員会 - 鹿児島県
Alternative ほそやまだだんいせき1
Subtitle 東九州自動車道建設(志布志IC〜鹿屋串良JCT間)に伴う 埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 公益財団法人鹿児島県文化振興財団 埋蔵文化財調査センター発掘調査報告書
Series Number 25
Author
Editorial Organization
公益財団法人鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
Publisher
公益財団法人鹿児島県文化振興財団埋蔵文化財調査センター
Publish Date 20201200
Publisher ID
ZIP CODE 8994318
TEL 099570574
Aaddress 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 細山田段遺跡
Site Name Transcription ほそやまだだんいせき
Order in book
Address 鹿児島県鹿屋市串良町,曽於郡大崎町
Address Transcription かごしまけんかのやしくしらちょう,そおぐんおおさきちょう
City Code 46203
Site Number 203-304
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 312643
East Longitude (WGS) 1305711
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 31.445277 130.953055
Research Period
20120820-20121214
20130917-20140314
20140508-20150225
20150508-20151028
Research Space
15450
Research Causes 東九州自動車道 建設(志布志I C~鹿屋串良J CT間)に伴う 発掘調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
弥生
古墳
Main Features
集石
埋設土器
土坑
溝状遺構
Main Foundings
縄文土器
高橋式土器
成川式土器
Remark
Abstract  本遺跡は縄文時代早期~古墳時代の複合遺跡で,各時代の貴重な遺構や遺物が確認されている。
 今回報告する縄文時代早期及び縄文時代後期以降については,縄文時代早期の遺構・遺物が注目される。特に縄文時代早期の埋設土器は,当時の人々の精神文化を考えるうえで貴重な資料となるものである。また,調理施設と考えられる18基の集石遺構や,食材加工のための石匙,狩猟具である多数の石鏃の出土状況から,本遺跡はキャンプサイト的な役割を担っていたものと推測され,周辺遺跡との比較検討をすることで,当時の人々の行動範囲・生活のあり方の考察に有効な情報を得ることができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 247
File download : 76

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events