奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30331 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112714 reports
( compared to the privious fiscal year + 24774 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138782 reports
( compared to the privious fiscal year + 2865 reports )
現在の文化財論文件数
23329 reports
( compared to the privious fiscal year + 22512 reports )
video count
699 reports
( compared to the privious fiscal year + 289 reports )
( Participation 68 Orgs )
文化財イベント件数
605 reports
( compared to the privious fiscal year + 97 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 山田遺跡19区

山田遺跡19区

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/115224
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.115224
引用表記 有限会社毛野考古学研究所 2021 『山田遺跡19区』埼玉県坂戸市教育委員会
有限会社毛野考古学研究所 2021 『山田遺跡19区』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=良太|last=山本|first2=忠洋|last2=宮田|title=山田遺跡19区|origdate=2021-09-30|date=2021-09-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/115224|location=埼玉県坂戸市千代田一丁目1番1号|doi=10.24484/sitereports.115224}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 山田遺跡19区
Participation-organizations 坂戸市 - 埼玉県
Alternative やまだいせきじゅうきゅうく
Subtitle
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
有限会社毛野考古学研究所
Publisher
埼玉県坂戸市教育委員会
Publish Date 20210930
Publisher ID 112399
ZIP CODE 3500292
TEL 0492831331
Aaddress 埼玉県坂戸市千代田一丁目1番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 山田遺跡
Site Name Transcription やまだいせき
Order in book
Address 埼玉県坂戸市八幡二丁目
Address Transcription さいたまけんさかどしやはたにちょうめ
City Code 11239
Site Number 27-080
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 355811
East Longitude (WGS) 1392404
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.969722 139.401111
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20210330-20210529
Research Space
640
Research Causes 店舗建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
竪穴建物
竪穴状遺構
掘立柱建物
土坑
ピット
Main Foundings
石鏃
土師器
須恵器
鉄製品
Remark 墨書土器に書かれている文字は「令」・「東」・「十」もしくは「大」が見られた。
Abstract  山田遺跡は、坂戸台地内陸部に位置し、飯盛川によって開析された小支谷を西側に臨む平坦面に立地している。今回の調査では、竪穴建物跡6軒、竪穴状遺構1基、掘立柱建物跡10 棟、土坑5基、ピット13基、溝状遺構1条が検出された。検出された竪穴建物跡は出土遺物や遺構形状から、すべて8世紀後半から9世紀後半に比定される。掘立柱建物跡はすべて側柱建物で、3間×2間を主体とする。桁行は東西方向と南北方向に二分され、それぞれが互いに重複しながら、南北方向に縦列している。本調査区の特徴として、台地への人々の進出に伴い、坂戸台地縁辺部では、まずはじめに掘立柱建物跡が配置され、その後集落域の拡大とともに竪穴建物跡が形成されるようである。また、調査区から出土した「令」と読める墨書は、坂戸市内では山田遺跡のほかにみられないため、本遺跡の特徴の一つといえる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 24
File download : 15

All Events

外部出力