Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23625 reports
( Participation 459 Orgs )
report count
62054 reports
( compared to the privious fiscal year + 13506 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126682 reports
( compared to the privious fiscal year + 32489 reports )
Prefecture List > 島根県 > 島根県教育庁 > のの子谷横穴墓群 京田遺跡3区

のの子谷横穴墓群 京田遺跡3区

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21562
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21562
引用表記 島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2017 『一般国道9号(出雲湖陵道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3:のの子谷横穴墓群 京田遺跡3区』島根県教育委員会
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2017 『のの子谷横穴墓群 京田遺跡3区』一般国道9号(出雲湖陵道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3
File
Title のの子谷横穴墓群 京田遺跡3区
Alternative ののこだによこあなぼぐん きょうでんいせきさんく
Subtitle
Volume
Series 一般国道9号(出雲湖陵道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 3
Author
Editorial Organization
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
Publisher
島根県教育委員会
Publish Date 20171200
Publisher ID
ZIP CODE 6900131
TEL 0852368608
Aaddress 島根県松江市打出町33番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name のの子谷横穴墓群
Site Name Transcription ののこたにいせきよこあなぼぐん
Order in book 1
Address 島根県出雲市湖陵町
Address Transcription しまねけんいずもしこりょうちょう
City Code 32203
Site Number b16
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351832
East Longitude (WGS) 1324135
Research Period
20151020-20151225
Research Space
540
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
横穴
Main Age
古墳
Main Features
横穴墓
Main Foundings
須恵器
土師器
刀子
Remark
Site Name 京田遺跡
Site Name Transcription きょうでんいせき
Order in book 2
Address 島根県出雲市湖陵町
Address Transcription しまねけんいずもしこりょうちょう
City Code 32203
Site Number b51
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351813
East Longitude (WGS) 1324118
Research Period
20160516-20160705
Research Space
126
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
柱穴状遺構
土坑
Main Foundings
縄文土器
石器
骨製ヤス
動物遺存体
Remark
Abstract  のの子谷横穴墓群は、古墳時代後期後葉の横穴墓6基を検出した。7世紀中葉から造墓が開始され、8世紀前半まで追葬や墓前祭祀が行われていた。調査区外には6穴の開口部が確認され、少なくとも12基の横穴墓で構成されていることが判明した。
横穴墓は小さな谷に面した低丘陵斜面に掘られ、丁寧に整形されている。
 京田遺跡は、ピット4基、土坑2基を検出した。縄文時代後期中葉を中心に前葉から後葉の土器や石器が出土。
 両遺跡の周辺には数多くの遺跡が存在しており、今後出雲平野南西部地域一帯の歴史的変遷を検討する上で貴重な成果を得ることができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 294
File download : 186

All Events

Similar Reports

Similar Events