奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
32608 reports
( Participation 631 Orgs )
report count
125121 reports
( compared to the privious fiscal year + 13443 reports )
( Participation 1873 Orgs )
site summary count
140786 reports
( compared to the privious fiscal year + 1878 reports )
現在の文化財論文件数
117076 reports
( compared to the privious fiscal year + 93472 reports )
video count
837 reports
( compared to the privious fiscal year + 62 reports )
( Participation 82 Orgs )
文化財イベント件数
667 reports
( compared to the privious fiscal year + 48 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 新潟県 > 村上市 > 山元遺跡

山元遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/38488
引用表記 村上市教育委員会 2013 『村上市埋蔵文化財発掘調査報告書5:山元遺跡』村上市教育委員会
村上市教育委員会 2013 『山元遺跡』村上市埋蔵文化財発掘調査報告書5
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=雅勇|last=吉井|first2=豊文|last2=野田|first3=努|last3=齋藤|first4=敦|last4=澤田|first5=|last5=加速器分析研究所|first6=弘展|last6=竹原|first7=巖|last7=井上|title=山元遺跡|origdate=2013-03-25|date=2013-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/38488|location=新潟県村上市岩沢5611|ncid=BB12555455|series=村上市埋蔵文化財発掘調査報告書|volume=5}} 閉じる
File
3次元画像
Title 山元遺跡
Participation-organizations 村上市 - 新潟県
Store Page http://www.city.murakami.lg.jp/soshiki/80/siryoutyousa-hakkutu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative やまもといせき
Subtitle 市内遺跡発掘調査報告書
Volume
Series 村上市埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 5
Author
Editorial Organization
村上市教育委員会
Publisher
村上市教育委員会
Publish Date 20130325
Publisher ID
ZIP CODE 958-0292
TEL 0254-72-6888
Aaddress 新潟県村上市岩沢5611
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 山元遺跡
Site Name Transcription やまもといせき
Order in book 1
Address 新潟県村上市下助渕字山元
Address Transcription にいがたけんむらかみししもすけぶちあざやまもと
City Code 15212
Site Number 428
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 381215
East Longitude (WGS) 1392812
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 38.204166 139.47
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20090901-20091113
20100726-20101206
20110418-20110701
Research Space
175
180
102
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
環濠
竪穴建物1
土坑1
土壙墓11
埋設土器3
ピット32
Main Foundings
弥生土器
石器
石製品
金属製品
小玉(ガラス製)
Remark 東北土器分布圏で初めての環濠集落で、日本海側最北の高地性環濠集落として現状保存された遺跡である。範囲・内容確認調査を実施し、新たに竪穴建物、葬送儀礼を示す土壙墓ほかが確認された。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 144
File download : 0

All Events

外部出力