奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33247 reports
( Participation 633 Orgs )
report count
125091 reports
( compared to the privious fiscal year + 13974 reports )
( Participation 1874 Orgs )
site summary count
140217 reports
( compared to the privious fiscal year + 2025 reports )
現在の文化財論文件数
117174 reports
( compared to the privious fiscal year + 93585 reports )
video count
878 reports
( compared to the privious fiscal year + 103 reports )
( Participation 84 Orgs )
文化財イベント件数
695 reports
( compared to the privious fiscal year + 76 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 新潟県 > 見附市 > 新潟館跡17

新潟館跡17

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/38472
引用表記 見附市教育委員会 2007 『見附市埋蔵文化財調査報告36:新潟館跡17』見附市教育委員会
見附市教育委員会 2007 『新潟館跡17』見附市埋蔵文化財調査報告36
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=正美|last=安藤|title=新潟館跡17|origdate=2007-03-31|date=2007-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/38472|ncid=BA8773896X|series=見附市埋蔵文化財調査報告|volume=36}} 閉じる
File
3次元画像
Title 新潟館跡17
Participation-organizations 見附市 - 新潟県
Alternative にいがたやかたあとじゅうなな
Subtitle 県営圃場整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 見附市埋蔵文化財調査報告
Series Number 36
Author
Editorial Organization
見附市教育委員会
Publisher
見附市教育委員会
Publish Date 20070331
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 新潟館跡
Site Name Transcription にいがたやかたあと
Order in book 1
Address 新潟県見附市字館3630-2ほか
Address Transcription にいがたけんみつけしあざやかた
City Code 15211
Site Number 132
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 373242
East Longitude (WGS) 1385505
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.544999 138.918055
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20040520-20040611
Research Space
284
Research Causes 見附地区県営圃場整備事業
OverView
Site Type
城館
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
土坑
ピット
不明土坑
Main Foundings
須恵器
中世土師器
珠洲焼
青磁
白磁
青白磁
青花
瀬戸美濃
瓦質土器
近世陶磁器
越前焼
木製品
鉄製品
銭貨
Remark 本遺跡は見附市の北部を南東から北西に延びる旧河道に沿って発達した標高18mの自然堤防上に立地する。館は北西側に土塁の一部を残し、土塁を含む主郭の大きさが約56×56mで、その周りを約幅4から5mの堀が囲む方形プランを持つものと想定される。遺物は12世紀前半から18世紀後半までのものが出土するが、14から16世紀前半までの遺物量が多い。その中でも特に15世紀代の遺物が多いことから、15世紀がピークと考えられる。本館は応永の大乱により新方条の支配権を得た三浦和田氏の居館と考えられている。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 137
File download : 0

All Events

外部出力