奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
32609 reports
( Participation 631 Orgs )
report count
125121 reports
( compared to the privious fiscal year + 13443 reports )
( Participation 1873 Orgs )
site summary count
140786 reports
( compared to the privious fiscal year + 1878 reports )
現在の文化財論文件数
117076 reports
( compared to the privious fiscal year + 93472 reports )
video count
837 reports
( compared to the privious fiscal year + 62 reports )
( Participation 82 Orgs )
文化財イベント件数
667 reports
( compared to the privious fiscal year + 48 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 新潟県 > 見附市 > 八幡遺跡I

八幡遺跡I

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/38470
引用表記 見附市教育委員会 2007 『見附市埋蔵文化財調査報告33:八幡遺跡I』見附市教育委員会
見附市教育委員会 2007 『八幡遺跡I』見附市埋蔵文化財調査報告33
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=正美|last=安藤|title=八幡遺跡I|origdate=2007-03-31|date=2007-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/38470|ncid=BA87737093|series=見附市埋蔵文化財調査報告|volume=33}} 閉じる
File
3次元画像
Title 八幡遺跡I
Participation-organizations 見附市 - 新潟県
Alternative はちまんいせきいち
Subtitle 県営圃場整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書15
Volume
Series 見附市埋蔵文化財調査報告
Series Number 33
Author
Editorial Organization
見附市教育委員会
Publisher
見附市教育委員会
Publish Date 20070331
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 八幡遺跡
Site Name Transcription はちまんいせき
Order in book 1
Address 新潟県見附市下鳥町字向甲13/新潟町字八幡2115ほか
Address Transcription にいがたけんみつけししもとりまちあざむかいこう にいがたまちあざはちまん
City Code 15211
Site Number 88
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 373302
East Longitude (WGS) 1385513
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.550555 138.920277
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19970916-19971209
19981001-19981020
20030926-20031114
Research Space
3866.8
Research Causes 見附地区県営圃場整備事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
掘立柱建物
井戸
土坑
ピット
不明土坑
Main Foundings
須恵器
土師器
珠洲焼
近世陶磁器
木製品
鉄製品
そのほか
Remark 本遺跡は新潟町から田之尻町にかけて存在する旧河川沿いに発達した自然堤防上に立地する。本遺跡の調査は17区の調査区に分けて実施した。この遺跡の特徴はほぼ全調査区から東西南北に延びる溝が検出されたことである。この溝は土地区画溝と考えられ、調査区によっては時期による変遷が認められる。遺物は5区、17区を中心に古代の土師器・須恵器が出土する。


種別:包含地
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 82
File download : 0

All Events

外部出力