奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26649 reports
( Participation 524 Orgs )
report count
84689 reports
( compared to the privious fiscal year + 16021 reports )
( Participation 1689 Orgs )
site summary count
135233 reports
( compared to the privious fiscal year + 4136 reports )
video count
296 reports
( compared to the privious fiscal year + 296 reports )
( Participation 32 Orgs )
[ 展覧会 ] 2020-10-10 〜 2020-11-23 Nara Prefecture

2020年度 平城宮跡資料館秋期特別展 「地下の正倉院展 -重要文化財 長屋王家木簡-」

【開催趣旨】

平城宮跡資料館では、秋期特別展として恒例の「地下の正倉院展」を開催します。
本年3月、文化審議会の答申により、長屋王家木簡1669点が国の重要文化財に指定されることとなりました。そこで今回はこれを記念し、新指定の木簡をご覧いただく展示を企画しました。
長屋王は奈良時代前半に政権の中枢を担った貴族で、天武天皇の孫にあたる人物です。木簡には、長屋王の家族や彼らに仕えた多くの人々が現れます。邸宅内の人々に米飯を支給した伝票木簡からは、具体的な家政運営の様子が浮かび上がり、食料などを進上する際の木簡からは、長屋王家が大和国やその周辺をはじめ、各地に多くの所領を持っていた様子がうかがえます。
今回の展示を通じて、奈良時代における上級貴族の豊かな暮らしぶりに思いをめぐらせていただければ幸いです。

【会  期】
令和2年10月10日(土)~ 11月23日(月・祝)
月曜休館(祝日の場合は翌平日)、入館料無料
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
Ⅰ期:10/10(土)~10/25(日)
Ⅱ期:10/27(火)~11/8(日)
Ⅲ期:11/10(火)~11/23(月・祝)
※展示替え 10/26(月)、11/9(月)

【会 場】
平城宮跡資料館 企画展示室

【出  品】
平城京出土木簡ほか 約60点(3期通計)

【イベント】
☆YouTube「なぶんけんチャンネル」にて、会期ごとに研究員による解説を配信予定!

【後援団体】
文化庁、国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所、奈良県、奈良市教育委員会、平城宮跡管理センター、平城京 再生プロジェクト、読売新聞社、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社、木簡学会

チラシのご案内:https://www.nabunken.go.jp/fukyu/2020/20201010+.pdf
主催独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所
連絡先
【お問い合わせ】
奈良文化財研究所 連携推進課
TEL:0742-30-6753
FAX:0742-30-6750
このエントリーをはてなブックマークに追加

Similar Reports