奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
32629 reports
( Participation 631 Orgs )
report count
125128 reports
( compared to the privious fiscal year + 13450 reports )
( Participation 1873 Orgs )
site summary count
140796 reports
( compared to the privious fiscal year + 1885 reports )
現在の文化財論文件数
117078 reports
( compared to the privious fiscal year + 93474 reports )
video count
837 reports
( compared to the privious fiscal year + 62 reports )
( Participation 82 Orgs )
文化財イベント件数
667 reports
( compared to the privious fiscal year + 48 reports )
※過去開催分含む

天王山遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/94677
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.94677
引用表記 白河市 2021 『白河市埋蔵文化財調査報告書第84集:天王山遺跡』
白河市 2021 『天王山遺跡』白河市埋蔵文化財調査報告書第84集
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=功|last=鈴木|first2=一寿|last2=鈴木|title=天王山遺跡|origdate=2021-03-26|date=2021-03-26|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/94677|location=福島県白河市八幡小路7-1|doi=10.24484/sitereports.94677|series=白河市埋蔵文化財調査報告書|volume=第84集}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 天王山遺跡
Participation-organizations 白河市 - 福島県
Alternative てんのうやまいせき
Subtitle 確認調査報告
Volume
Series 白河市埋蔵文化財調査報告書
Series Number 第84集
Author
Editorial Organization
白河市
Publisher
Publish Date 20210326
Publisher ID 072052
ZIP CODE 9618602
TEL 0248221111
Aaddress 福島県白河市八幡小路7-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 天王山遺跡
Site Name Transcription てんのうやまいせき
Order in book
Address 白河市久田野豆柄山ほか
Address Transcription しらかわしくたのまめがらやまほか
City Code 072052
Site Number 76
North Latitude (JGD) 370730
East Longitude (JGD) 1401525
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.1281 140.2536
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20161205-20190308
Research Space
90.3
Research Causes 遺跡の内容確認のための発掘調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
竪穴建物跡
土坑
ピット
Main Foundings
弥生土器
石器
石製品
土製品
炭化米
炭化クリ
炭化クルミ
Remark 昭和25年の発掘調査以来不明であった遺跡の性格は、集落跡であることが明らかとなった。
Abstract  天王山遺跡は、昭和25年に丘陵頂上部における開墾作業時に、遺物が偶然発見されたことを契機に、発掘調査が行われた。出土した遺物は、伊東信雄氏により「天王山式土器」と命名され、のちに坪井清足氏の論考により、広く学会に知られることとなった。
 遺跡については、立地、遺物の出土状況などから、祭祀的な場であると調査担当者の藤田氏より示されたが、調査範囲の限界もあり、その性格を特定するには至らなかった。
 今回の発掘調査では、丘陵頂上部の平坦地において複数の竪穴建物跡や土坑などの遺構の存在が明らかとなり、また、土器や石器、炭化物などの植物遺体も出土し、天王山遺跡は集落跡であると判断した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 375
File download : 311

All Events

外部出力