奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28282 reports
( Participation 553 Orgs )
report count
88806 reports
( compared to the privious fiscal year + 767 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136744 reports
( compared to the privious fiscal year + 1083 reports )
現在の文化財論文件数
1449 reports
( compared to the privious fiscal year + 632 reports )
video count
432 reports
( compared to the privious fiscal year + 22 reports )
( Participation 48 Orgs )
文化財イベント件数
517 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
※過去開催分含む

金沢市・野々市市 下新庄フルナワシロ遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/91030
引用表記 公益財団法人石川県埋蔵文化財センター 2016 『金沢市・野々市市 下新庄フルナワシロ遺跡』石川県教育委員会他
公益財団法人石川県埋蔵文化財センター 2016 『金沢市・野々市市 下新庄フルナワシロ遺跡』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=由美|last=岩瀬|title=金沢市・野々市市 下新庄フルナワシロ遺跡|origdate=2016-02-26|date=2016-02-26|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/91030|location=石川県金沢市中戸町18-1}} 閉じる
File
3次元画像
Title 金沢市・野々市市 下新庄フルナワシロ遺跡
Participation-organizations (公財)石川県埋蔵文化財センター - 石川県
Alternative かなざわし・ののいちし しもしんじょうふるなわしろいせき
Subtitle 二級河川高橋川 広域河川改修事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
公益財団法人石川県埋蔵文化財センター
Publisher
石川県教育委員会
公益財団法人石川県埋蔵文化財センター
Publish Date 20160226
Publisher ID 17201
ZIP CODE 9201336
TEL 0762294477
Aaddress 石川県金沢市中戸町18-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 下新庄フルナワシロ遺跡
Site Name Transcription しもしんじょうふるなわしろいせき
Order in book
Address 石川県金沢市四十万町、野々市市新庄3丁目
Address Transcription いしかわけんかなざわししじままち、ののいちししんじょうさんちょうめ
City Code 17201
Site Number 159700、1206100
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 363012
East Longitude (WGS) 1363647
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.503333 136.613055
Research Period
20120425-20120530
20120903-20121018
Research Space
360
750
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
古墳
Main Features
竪穴建物
Main Foundings
須恵器
土師器
Remark
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
掘立柱建物
竪穴建物
土坑
Main Foundings
須恵器
土師器
Remark 柱穴から刻書土器出土
Site Type
集落
Main Age
鎌倉
南北朝
室町
Main Features
柱穴
Main Foundings
陶磁器
Remark
Abstract 古墳時代終末期から平安時代にかけての竪穴建物や掘立柱建物が断片的に確認された。集落の成立時期は、本遺跡西方に展開する上林・新庄遺跡群と同時期であるが、それらが集落としての機能を失った後に本遺跡では集落が再編される。
調査区の制約から掘立柱建物の復元は1棟に留まったが、平安時代後半の出土遺物の多さから、その頃が集落としての最盛期と推定される。
鎌倉時代以降においては、古代の包含層上面で柱穴とみられるピットや溝をいくつか検出した。また、旧高橋川の流路の可能性のある河川跡が検出された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 7
File download : 0

All Events

外部出力