奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27975 reports
( Participation 543 Orgs )
report count
88323 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
135923 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
現在の文化財論文件数
1141 reports
( compared to the privious fiscal year + 324 reports )
video count
413 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

保木島遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90419
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90419
引用表記 宮崎県埋蔵文化財センター 2020 『宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書258:保木島遺跡5』宮崎県埋蔵文化財センター
宮崎県埋蔵文化財センター 2020 『保木島遺跡5』宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書258
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 保木島遺跡
Participation-organizations 宮崎県教育委員会 - 宮崎県
Alternative ほきしまいせき
Subtitle 県道飯野松山都城線(都城志布志道路)金御岳工区道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査 報告書
Volume 5
Series 宮崎県埋蔵文化財センター発掘調査報告書
Series Number 258
Author
Editorial Organization
宮崎県埋蔵文化財センター
Publisher
宮崎県埋蔵文化財センター
Publish Date 20200326
Publisher ID 45000
ZIP CODE 880-0212
TEL 0985-36-1171
Aaddress 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂4019番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 保木島遺跡
Site Name Transcription ほきしまいせき
Order in book
Address 宮崎県都城市梅北町
Address Transcription みやざきけんみやこのじょうしうめきたちょう
City Code 45202
Site Number 7028
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 313949
East Longitude (WGS) 1310318
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 31.663611 131.055
Research Period
20150520-20151007
20170508-20180309
20180509-20180809
Research Space
12100
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
散布地
Main Age
縄文
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
土坑
陥し穴状遺構
竪穴建物跡
集石遺構
掘立柱建物跡
溝状遺構
道路状遺構
Main Foundings
縄文土器
石器
土師器
黒色土器
白磁
耳栓
Remark ・縄文時代:縄文時代早期後葉の土器(妙見式など)がまとまって出土。土製品(耳栓)の出土
Abstract  保木島遺跡は、宮崎県都城市梅北町に所在し、都城志布志道路の金御岳I.Cに位置する。東側から西側にかけて緩やかに傾斜する斜面上に、中世の集落跡(掘立柱建物跡)や縄文時代後期~晩期の土坑および遺物包含層、中期ないし後期頃の陥し穴状遺構、縄文時代早期の竪穴建物や土坑・集石遺構や陥し穴状遺構などが存在することが明らかとなった。
 特に、南九州押型文土器の最終型式である手向山式土器と縄文時代早期後葉頃に位置づけられる平栫式土器の間にあたる土器群が比較的まとまって出土したことは、耳栓の出土もあわせて、遺跡の所在する都城盆地の縄文時代早期の様相を知るうえでも大きな成果である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 45
File download : 36

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events