奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28901 reports
( Participation 567 Orgs )
report count
89279 reports
( compared to the privious fiscal year + 1262 reports )
( Participation 1744 Orgs )
site summary count
137344 reports
( compared to the privious fiscal year + 1644 reports )
現在の文化財論文件数
15167 reports
( compared to the privious fiscal year + 14350 reports )
video count
488 reports
( compared to the privious fiscal year + 78 reports )
( Participation 55 Orgs )
文化財イベント件数
529 reports
( compared to the privious fiscal year + 21 reports )
※過去開催分含む

那珂81

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90405
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90405
引用表記 福岡市教育委員会 2020 『福岡市埋蔵文化財調査報告書1392:那珂81』福岡市教育委員会
福岡市教育委員会 2020 『那珂81』福岡市埋蔵文化財調査報告書1392
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=良太|last=清金|title=那珂81|origdate=2020-03-25|date=2020-03-25|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90405|location=福岡市中央区天神1丁目8番1号|doi=10.24484/sitereports.90405|series=福岡市埋蔵文化財調査報告書|volume=1392}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 那珂81
Participation-organizations 福岡市 - 福岡県
Alternative なか81
Subtitle 那珂遺跡群第173次調査報告
Volume
Series 福岡市埋蔵文化財調査報告書
Series Number 1392
Author
Editorial Organization
福岡市教育委員会
Publisher
福岡市教育委員会
Publish Date 20200325
Publisher ID 40130
ZIP CODE 8108621
TEL 0927114667
Aaddress 福岡市中央区天神1丁目8番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 那珂遺跡群 第173次
Site Name Transcription なかいせきぐん
Order in book
Address 福岡市博多区那珂1丁目148, 143
Address Transcription ふくおかしはかたくなか
City Code 40132
Site Number 0085
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333410
East Longitude (WGS) 1302610
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.569444 130.436111
Research Period
20180416-20180618
Research Space
301
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
古代(細分不明)
Main Features
竪穴住居
井戸
土坑
Main Foundings
弥生土器
土師器
須恵器
Remark 弥生時代終末~古代の集落を確認
Abstract 今回の調査では近現代による撹乱が酷く、また前の建物基礎が残るなど遺跡の残りとしてはよくなかったが、竪穴住居3棟、井戸1基、溝1条、土坑1基を検出した。竪穴住居の年代は古墳時代初め、古代の住居跡か。井戸は建物基礎の関係で一部しか掘削していないが、古墳時代後期のものであろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 12
File download : 15

All Events

外部出力