奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28282 reports
( Participation 553 Orgs )
report count
88806 reports
( compared to the privious fiscal year + 767 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136744 reports
( compared to the privious fiscal year + 1083 reports )
現在の文化財論文件数
1449 reports
( compared to the privious fiscal year + 632 reports )
video count
432 reports
( compared to the privious fiscal year + 22 reports )
( Participation 48 Orgs )
文化財イベント件数
517 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
※過去開催分含む

佐志中通遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/88783
引用表記 唐津市教育委員会 1997 『唐津市文化財調査報告書78:佐志中通遺跡』唐津市教育委員会
唐津市教育委員会 1997 『佐志中通遺跡』唐津市文化財調査報告書78
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=峯希|last=岩尾|title=佐志中通遺跡|origdate=1997-03-31|date=1997-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/88783|location=佐賀県唐津市西城内1-1|ncid=BA30961814|series=唐津市文化財調査報告書|volume=78}} 閉じる
File
3次元画像
Title 佐志中通遺跡
Participation-organizations 唐津市 - 佐賀県
Alternative さしなかどおりいせき
Subtitle 一般国道204号道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume
Series 唐津市文化財調査報告書
Series Number 78
Author
Editorial Organization
唐津市教育委員会
Publisher
唐津市教育委員会
Publish Date 19970331
Publisher ID 41202
ZIP CODE 8478511
TEL
Aaddress 佐賀県唐津市西城内1-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 佐志中通遺跡
Site Name Transcription さしなかどおりいせき
Order in book
Address 佐賀県唐津市佐志
Address Transcription さがけんからつしさし
City Code 41202
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
19950615-19960122
Research Space
2440
Research Causes 道路改良工事
OverView
Site Type
散布地
Main Age
弥生
古墳
飛鳥白鳳
奈良
鎌倉
室町
Main Features
土坑
井戸
焼土坑
石組
柱穴群
Main Foundings
弥生土器
土師器
須恵器
瓦器
陶器
青磁
白磁
石製品
石塔
小型仿製鏡
青銅製金具
木葉形装飾品
懸仏
土製品
Remark
Abstract  佐志中通遺跡は、唐津市の西側を北流する佐志川の西岸に位置する。調査地
は、上場台地のと呼ばれる玄武岩台地の裾部と佐志川の沖積作用によって
形成された砂丘との接点に立地している。
 調査では、遺構は中世以前の土坑1基と鎌倉~室町時代の大型土坑、道状遺
構、井戸状遺構、焼土坑、石組遺構を検出した。遺物は、中世の土師器、輸入陶
磁器を中心に弥生土器、須恵器、小型仿製鏡などが出土した。
 本遺跡は、弥生時代から古墳時代においては、調査区北側の砂丘の高い位置
に点在していた遺跡の中心が、南側にも広がっていき、中世期に生活圏となり、そ
れが廃れて道路となっていたという変遷が考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 25
File download : 0

All Events

外部出力