奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27125 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86872 reports
( compared to the privious fiscal year + 18235 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135830 reports
( compared to the privious fiscal year + 4673 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

弥永原9

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/88639
引用表記 福岡市教育委員会 2019 『福岡市埋蔵文化財調査報告書1378:弥永原9』福岡市教育委員会
福岡市教育委員会 2019 『弥永原9』福岡市埋蔵文化財調査報告書1378
File
3次元画像
Title 弥永原9
Participation-organizations 福岡市 - 福岡県
Alternative やながばる9
Subtitle 弥永原遺跡第12・13次調査
Volume
Series 福岡市埋蔵文化財調査報告書
Series Number 1378
Author
Editorial Organization
福岡市教育委員会
Publisher
福岡市教育委員会
Publish Date 20190325
Publisher ID 40130
ZIP CODE 8108621
TEL 0927114667
Aaddress 福岡市中央区天神1丁目8番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 弥永原遺跡 第12次
Site Name Transcription やながばるいせき
Order in book
Address 福岡市南区曰佐三丁目126-1
Address Transcription ふくおかしみなみくおさ
City Code 40134
Site Number 0105
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333219
East Longitude (WGS) 1302624
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.538611 130.44
Research Period
20151207-20160106
Research Space
81
Research Causes 宅地造成
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
土坑墓
甕棺墓
貯蔵穴
Main Foundings
弥生土器
石器
Remark
Site Name 弥永原遺跡 第13次
Site Name Transcription やながばるいせき
Order in book
Address 福岡市南区曰佐三丁目126-1
Address Transcription ふくおかしみなみくおさ
City Code 40134
Site Number 0105
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333219
East Longitude (WGS) 1302625
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.538611 130.440277
Research Period
20160926-20161206
Research Space
338
Research Causes 宅地造成
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
土坑墓
甕棺墓
貯蔵穴
Main Foundings
弥生土器
石器
Remark
Abstract 対象地は遺跡北端部に位置する。12次調査では貯蔵穴および多数の土坑墓を検出した。13次調査では12次調査同様貯蔵穴、土坑墓を検出した他、甕棺墓を複数検出した。甕棺墓のうち1基は周辺地域での検出例がない倒置棺であり、今後の類例の増加が期待される。
12次調査・13次調査の西隣には11次調査地点が所在し、検出された遺構群は一連のものとして考える必要がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 8
File download : 0

All Events

外部出力