奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25014 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69372 reports
( compared to the privious fiscal year + 648 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132005 reports
( compared to the privious fiscal year + 1360 reports )

御茶園遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70870
引用表記 美浦村教育委員会 2019 『御茶園遺跡』美浦村教育委員会
美浦村教育委員会 2019 『御茶園遺跡』
File
3次元画像
Title 御茶園遺跡
Alternative おさえんいせき
Subtitle 第2次発掘調査報告書
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
美浦村教育委員会
Publisher
美浦村教育委員会
Publish Date 20190329
Publisher ID 084425
ZIP CODE 3000404
TEL 0298860291
Aaddress 茨城県稲敷郡美浦村大字土浦2359
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 御茶園遺跡 第2次
Site Name Transcription おさえんいせき
Order in book
Address 茨城県稲敷郡美浦村大字木原2306番外
Address Transcription いばらきけんいなしきぐんみほむらおおあざきはら
City Code 08442
Site Number 059
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 360104.56
East Longitude (WGS) 1401805.87
Research Period
20170612-20171110
Research Space
750
Research Causes 工場建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
奈良
平安
Main Features
住居跡
土坑
Main Foundings
縄文土器(称名寺Ⅱ)
弥生土器(上稲吉)
土師器
須恵器
土器片錘
管状・球状土錘
磨製石斧
勾玉
滑石製模造品
Remark 古墳時代住居跡(5b号)の床上からカヤ状炭化物及び圧痕が検出された。
Abstract 御茶園遺跡周辺には、霞ヶ浦南岸最大の前方後円墳・愛宕山古墳を主墳とする古墳群があり、古墳時代の住居跡も数多く確認されている。今回の調査でも狭い範囲から住居跡が重複・密集して検出され、当地域における古墳時代の拠点集落を考えていく上で貴重な成果が得られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 37
File download : 0

All Events

外部出力