奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25993 reports
( Participation 515 Orgs )
report count
70418 reports
( compared to the privious fiscal year + 1730 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
134100 reports
( compared to the privious fiscal year + 3036 reports )

原遺跡試掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70148
引用表記 平川市教育委員会 2008 『平川市埋蔵文化財調査報告書3:原遺跡試掘調査報告書』平川市教育委員会
平川市教育委員会 2008 『原遺跡試掘調査報告書』平川市埋蔵文化財調査報告書3
File
3次元画像
Title 原遺跡試掘調査報告書
Alternative はらいせきしくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 平川市埋蔵文化財調査報告書
Series Number 3
Author
Editorial Organization
平川市教育委員会
Publisher
平川市教育委員会
Publish Date 20080331
Publisher ID 022101
ZIP CODE 0360104
TEL 0172441111
Aaddress 青森県平川市柏木町藤山25-6
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 原遺跡
Site Name Transcription はらいせき
Order in book
Address 青森県平川市原上原55,56,101‐1
Address Transcription あおもりけんひらかわしはらかみはら55,56,101‐1
City Code 022101
Site Number 28005
North Latitude (JGD) 403655
East Longitude (JGD) 1403500
North Latitude (WGS) 403705
East Longitude (WGS) 1403447
Research Period
20070605-20070728
Research Space
531
Research Causes 範囲確認と構成時期把握のための試掘調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
奈良
平安
中世(細分不明)
Main Features
末期古墳
溝状遺構
Main Foundings
土師器
須恵器
カ(丸鞆)
勾玉
中世陶磁器
Remark 末期古墳の検出
金属製カの出土
Abstract 奈良~平安期に位置付けられる末期古墳4基、次期不明の溝状遺構2基を検出した。末期古墳は過去の調査で確認されていた分布の南限よりも150m南方で発見され、遺跡南西部縁辺まで古墳群が及んでいることが判明した。調査区内からは縄文土器、石器、土師器、須恵器、カ(丸鞆)、勾玉、中世陶磁器、土製品、自然遺物が出土した。カ、勾玉、中世遺物は遺跡内から初めて確認され、遺跡の性格や機能時期について新たな知見が得られた。金属製カの出土は津軽地方では所見である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 19
File download : 0

All Events

外部出力