奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28934 reports
( Participation 568 Orgs )
report count
89308 reports
( compared to the privious fiscal year + 1291 reports )
( Participation 1744 Orgs )
site summary count
137415 reports
( compared to the privious fiscal year + 1734 reports )
現在の文化財論文件数
15197 reports
( compared to the privious fiscal year + 14380 reports )
video count
488 reports
( compared to the privious fiscal year + 78 reports )
( Participation 55 Orgs )
文化財イベント件数
530 reports
( compared to the privious fiscal year + 22 reports )
※過去開催分含む

向第1遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/6936
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.6936
引用表記 若草町教育委員会 2002 『若草町埋蔵文化財調査報告書3:向第1遺跡』若草町教育委員会
若草町教育委員会 2002 『向第1遺跡』若草町埋蔵文化財調査報告書3
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=大輔|last=田中|title=向第1遺跡|origdate=2002-03-10|date=2002-03-10|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/6936|location=山梨県中巨摩郡若草町寺部598-1|ncid=BA58444171|doi=10.24484/sitereports.6936|series=若草町埋蔵文化財調査報告書|volume=3}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 向第1遺跡
Participation-organizations 南アルプス市 - 山梨県
Alternative むかいだいいちいせき
Subtitle 富士川西部広域農道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume
Series 若草町埋蔵文化財調査報告書
Series Number 3
Author
Editorial Organization
若草町教育委員会
Publisher
若草町教育委員会
Publish Date 20020310
Publisher ID 19208
ZIP CODE 400-0337
TEL 055-283-8311
Aaddress 山梨県中巨摩郡若草町寺部598-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 向第1遺跡
Site Name Transcription むかいだいいちいせき
Order in book
Address 山梨県中巨摩郡若草町十日市場846-2
Address Transcription やまなしけんなかこまぐんわかくさちょうとうかいちば
City Code 19389
Site Number 41075
North Latitude (JGD) 353610
East Longitude (JGD) 1382837
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.606 138.4738
Research Period
20000724-20000914
Research Space
303
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
竪穴建物1
溝2
畝2
土坑36
Main Foundings
土師器(杯+皿+甕)
須恵器(甕)
灰釉陶器
Remark 主な時代:奈良から平安
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 4238
File download : 586

All Events

外部出力