Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23540 reports
( Participation 455 Orgs )
report count
61814 reports
( compared to the privious fiscal year + 13192 reports )
( Participation 1583 Orgs )
site summary count
126246 reports
( compared to the privious fiscal year + 32067 reports )

二本松城跡28

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/61968
引用表記 二本松市教育委員会 2018 『二本松市文化財調査報告書66:二本松城跡28』二本松市教育委員会
二本松市教育委員会 2018 『二本松城跡28』二本松市文化財調査報告書66
File
Title 二本松城跡28
Participation-organizations 二本松市 - 福島県
Alternative にほんまつじょうあとにじゅうはち
Subtitle 平成29年度発掘調査報告書
Volume
Series 二本松市文化財調査報告書
Series Number 66
Author
Editorial Organization
二本松市教育委員会
Publisher
二本松市教育委員会
Publish Date 20180328
Publisher ID 07210
ZIP CODE 9608601
TEL 0243555154
Aaddress 福島県二本松市金色403番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 二本松城跡 第25次
Site Name Transcription にほんまつじょうあと
Order in book
Address 二本松市郭内三丁目
Address Transcription にほんまつしかくないさんちょうめ
City Code 07210
Site Number 0019
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 373553
East Longitude (WGS) 1402552
Research Period
20170606-20170710
Research Space
66.38
Research Causes 保存管理計画に基づく資料収集
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
明治
Main Features
礎石立建造物
石組側溝
石列
ピット
土器埋設遺構
Main Foundings
陶磁器
土師質土器(灯明具、碁石)
古銭
雁首
製糸工場関連遺物
Remark 石溝側溝により三ノ丸の通用門付近の建物配置を確認。蔵状の建造物を確認。
Abstract  二本松城跡は二本松藩丹羽氏の居城として営まれた近世城郭であるが、その前身は奥州管領として下向した畠山氏が築いた中世城館であるため、中世と近世の城跡が同じ場所で営まれたことが当城跡の最大の特徴である。
 今回の調査では、昭和期の開発により破壊を免れ地下に残った石組側溝基部により、三ノ丸東側の通用門付近の建物配置の一部が明らかとなり、これが長屋状の建造物であることは、幕末の絵図に描かれた状況に近いことからこの絵図の信憑性が高まった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 69
File download : 0

All Events