奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28401 reports
( Participation 557 Orgs )
report count
88963 reports
( compared to the privious fiscal year + 928 reports )
( Participation 1740 Orgs )
site summary count
136980 reports
( compared to the privious fiscal year + 1326 reports )
現在の文化財論文件数
14717 reports
( compared to the privious fiscal year + 13900 reports )
video count
449 reports
( compared to the privious fiscal year + 39 reports )
( Participation 50 Orgs )
文化財イベント件数
517 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
※過去開催分含む

大境エンニャマ下洞窟遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/6128
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.6128
引用表記 氷見市教育委員会 2007 『氷見市埋蔵文化財調査報告49:大境エンニャマ下洞窟遺跡』氷見市教育委員会
氷見市教育委員会 2007 『大境エンニャマ下洞窟遺跡』氷見市埋蔵文化財調査報告49
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=直樹|last=廣瀬|title=大境エンニャマ下洞窟遺跡|origdate=2007-03-27|date=2007-03-27|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/6128|location=富山県氷見市本町4番9号|ncid=AN10464719|ncid=BA8277791X|doi=10.24484/sitereports.6128|series=氷見市埋蔵文化財調査報告|volume=49}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 大境エンニャマ下洞窟遺跡
Participation-organizations 氷見市 - 富山県
Alternative おおざかいえんにゃましたどうくついせき
Subtitle 大境地区急傾斜地崩壊対策事業関連発掘調査報告
Volume
Series 氷見市埋蔵文化財調査報告
Series Number 49
Author
Editorial Organization
氷見市教育委員会
Publisher
氷見市教育委員会
Publish Date 20070327
Publisher ID
ZIP CODE 935-0016
TEL 0766-74-8215
Aaddress 富山県氷見市本町4番9号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 大境エンニャマ下洞窟遺跡
Site Name Transcription おおざかいえんにゃましたどうくついせき
Order in book
Address 富山県氷見市大境
Address Transcription とやまけんひみしおおざかい
City Code 16205
Site Number 386
North Latitude (JGD) 365510
East Longitude (JGD) 1370153
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.9225 137.0283
Research Period
20050824-20050824
20060424-20060512
Research Space
100
Research Causes 急傾斜工事
OverView
Site Type
洞穴
Main Age
縄文
弥生
近代(細分不明)
Main Features
縄文砂礫層
弥生砂礫層
近代石組炉
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
人骨
獣骨
貝殻
Remark 縄文海進時に形成された海食洞。洞窟壁面に固着した砂礫層に縄文土器・弥生土器・人骨・獣骨・貝殻を包含する。

主な時代:縄文中期 弥生中期 近代
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 291
File download : 311

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events