Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24212 reports
( Participation 471 Orgs )
report count
68567 reports
( compared to the privious fiscal year + 20175 reports )
( Participation 1682 Orgs )
site summary count
129103 reports
( compared to the privious fiscal year + 34416 reports )

京隈侍屋敷遺跡 第20・22次調査

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/57934
引用表記 久留米市市民文化部文化財保護課 2013 『久留米市文化財調査報告書323:京隈侍屋敷遺跡 第20・22次調査』久留米市教育委員会
久留米市市民文化部文化財保護課 2013 『京隈侍屋敷遺跡 第20・22次調査』久留米市文化財調査報告書323
File
3次元画像
Title 京隈侍屋敷遺跡 第20・22次調査
Participation-organizations 久留米市 - 福岡県
Store Page https://www.city.kurume.fukuoka.jp
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative きょうぐまさむらいやしきいせき だい20・22にじちょうさ
Subtitle
Volume
Series 久留米市文化財調査報告書
Series Number 323
Author
Editorial Organization
久留米市市民文化部文化財保護課
Publisher
久留米市教育委員会
Publish Date 20130131
Publisher ID 40203
ZIP CODE 8308520
TEL 0942309225
Aaddress 福岡県久留米市城南町15-3
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 京隈侍屋敷遺跡 第20次
Site Name Transcription きょうぐまさむらいやしきいせき
Order in book 1
Address 久留米市城南町
Address Transcription くるめしじょうなんまち
City Code 40203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331917
East Longitude (WGS) 1303005
Research Period
20100106-20100430
Research Space
1018
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
溝 9条
土坑 25基
井戸 10基
Main Foundings
陶磁器
土師器
瓦類
銅製品
須恵器
土製品
Remark 京隈四番目筋南部を調査。屋敷地が南北幅33mであったことが判明。
Site Name 京隈侍屋敷遺跡 第22次
Site Name Transcription きょうぐまさむらいやしきいせき
Order in book 2
Address 久留米市城南町
Address Transcription くるめしじょうなんまち
City Code 40203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331909
East Longitude (WGS) 1303006
Research Period
20100720-20100901
Research Space
325
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
溝 3条
土坑 24基
井戸 1基
Main Foundings
陶磁器
土師器
瓦類
銅製品
Remark 京隈侍屋敷の調査。穴蔵・土坑等を検出。
Abstract (京隈侍屋敷遺跡 第20次)
調査地は筑後川左岸の低位段丘上、標高13m付近に位置する。調査地は久留米藩の上~中級武家屋敷である京隈侍屋敷の一角にあたる京隈小路四番目筋に面した場所にあり、天保年間の絵図では城家・星野家の屋敷地に当たる場所である。今回の調査では城家の屋敷地の南・東・北を限る溝が検出され、城家の屋敷地は南北幅33mを測ることが判明した。区画内からは穴蔵や廃棄土坑、井戸が検出された。また、北側に隣接する星野家の屋敷地とは約1mの段差があることも判明し、周辺の調査成果からも京隈四番目筋の南半部は北側から南側へ向かって低くなり、雛壇状に屋敷地が造成されていたことも判明した。
(京隈侍屋敷遺跡 第22次)
調査区は、天保年間久留米城下絵図に見られる松下家・太田家の敷地内に相当する。絵図に見られる道路の側溝とみられる溝を検出。その他比較的大型の穴蔵や土坑を検出した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 12
File download : 0

All Events

外部出力