奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
39181 reports
( Participation 731 Orgs )
report count
132130 reports
( compared to the privious fiscal year + 656 reports )
( Participation 1909 Orgs )
site summary count
146814 reports
( compared to the privious fiscal year + 1093 reports )
Article Collected
119664 reports
( compared to the privious fiscal year + 562 reports )
video count
1226 reports
( compared to the privious fiscal year + 37 reports )
( Participation 110 Orgs )
Event Collected
1091 reports
( compared to the privious fiscal year + 39 reports )
※過去開催分含む

八幡山遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/39117
For Citation 神林村教育委員会 1994 『神林村埋蔵文化財報告5:八幡山遺跡発掘調査報告書』神林村教育委員会
神林村教育委員会 1994 『八幡山遺跡発掘調査報告書』神林村埋蔵文化財報告5
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=早苗|last=田辺|title=八幡山遺跡発掘調査報告書|origdate=1994-03-31|date=1994-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/39117|location=新潟県岩船郡神林村大字今宿56|ncid=BN11322784|series=神林村埋蔵文化財報告|volume=5}} 閉じる
File
Title 八幡山遺跡発掘調査報告書
Participation-organizations 村上市 - 新潟県
Store Page http://www.city.murakami.lg.jp/soshiki/80/siryoutyousa-hakkutu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative はちまんやまいせきはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 神林村埋蔵文化財報告
Series Number 5
Author
Editorial Organization
神林村教育委員会
Publisher
神林村教育委員会
Publish Date 19940331
Publisher ID
ZIP CODE 959-3492
TEL 0254-66-6111
Aaddress 新潟県岩船郡神林村大字今宿56
Report Type Codes
埋蔵文化財(遺跡等)-発掘調査・分布調査・資料調査等
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Articles
Site
Site Name 八幡山遺跡
Site Name Transcription はちまんやまいせき
Order in book 1
Address 新潟県岩船郡神林村大字上助渕字八幡山878番地ほか
Address Transcription にいがたけんいわふねぐんかみはやしむらおおあざかみすけぶちあざはちまんやま
City Code 15583
Site Number 88
North Latitude (JGD) 381202
East Longitude (JGD) 1392904
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Dd X Y 38.2035 139.4811
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19931028-19931202
Research Space
333
Research Causes 東北電力鉄塔工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
フラスコ状土坑1
円形土坑2
竪穴6
Main Foundings
縄文土器(前期 中期)
Remark 長軸4m、深度3mの大型フラスコ状土坑検出。縄文時代前期から中期の集落跡。細尾根の先端で土坑が多数検出していることから集落の中心から離れた貯蔵空間であったと考えられる。
主な時代 : 縄文前期から中期
Abstract

Related Cultual Data

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 108
File download : 0

All Events

外部出力