奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33552 reports
( Participation 638 Orgs )
report count
125300 reports
( compared to the privious fiscal year + 14212 reports )
( Participation 1875 Orgs )
site summary count
140773 reports
( compared to the privious fiscal year + 2385 reports )
現在の文化財論文件数
117290 reports
( compared to the privious fiscal year + 93702 reports )
video count
908 reports
( compared to the privious fiscal year + 133 reports )
( Participation 87 Orgs )
文化財イベント件数
751 reports
( compared to the privious fiscal year + 132 reports )
※過去開催分含む

八間道遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/37851
引用表記 加賀市教育委員会 1996 『加賀市埋蔵文化財発掘調査報告書30:八間道遺跡』
加賀市教育委員会 1996 『八間道遺跡』加賀市埋蔵文化財発掘調査報告書30
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=準一|last=中村|first2=正和|last2=田嶋|first3=英晃|last3=西|first4=和世|last4=庄田|first5=義夫|last5=絈野|first6=嘉章|last6=四柳|first7=哲夫|last7=平口|title=八間道遺跡|origdate=1996-03-31|date=1996-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/37851|location=石川県加賀市大聖寺南町ニ41|ncid=BA38148857|series=加賀市埋蔵文化財発掘調査報告書|volume=30}} 閉じる
File
3次元画像
Title 八間道遺跡
Participation-organizations 加賀市 - 石川県
Alternative はちけんみちいせき
Subtitle 公立加賀中央病院改築に伴う埋蔵文化財緊急発掘調査
Volume
Series 加賀市埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 30
Author
Editorial Organization
加賀市教育委員会
Publisher
Publish Date 19960331
Publisher ID
ZIP CODE 922
TEL 07617-2-1111
Aaddress 石川県加賀市大聖寺南町ニ41
Report Type report
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 八間道遺跡
Site Name Transcription はちけんみちいせき
Order in book 1
Address 石川県加賀市大聖寺八間道15-1から2/12-1/大聖寺本町イ13
Address Transcription いしかわけんかがしだいしょうじはちけんみち だいしょうじほんまちい
City Code 17206
Site Number 06121
North Latitude (JGD) 361816
East Longitude (JGD) 1361843
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.3075 136.309
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19930510-19931115
Research Space
1150
Research Causes 公立加賀中央病院改築事業
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
明治
Main Features
建物12
井戸4
土坑38
石組水路1
石組基礎2
道路1
埋立2
Main Foundings
磁器(肥前+瀬戸+九谷+中国)
陶器(肥前+瀬戸美濃+京+信楽+再興九谷+越中瀬戸)
土器(灯明皿+須恵器+土師器)
金属製品(銭貨+煙管+笄+小柄など)
木製品(漆器+下駄+櫛+札+羽子板など)
石製品(硯+臼など)
土人形
Remark 寛永16年の大聖寺藩創設当初から明治維新まで一貫して家老屋敷が構えられていた場所であったことが確認された。多量の陶磁器のほかに金属製品から玩具まで多種類の遺物が出土し、江戸時代の上層階級の暮らしぶりの一端がうかがえる。


種別:武家屋敷
主な時代:明治初
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 53
File download : 0

All Events

外部出力