奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
37081 reports
( Participation 706 Orgs )
report count
131552 reports
( compared to the privious fiscal year + 7398 reports )
( Participation 1903 Orgs )
site summary count
145320 reports
( compared to the privious fiscal year + 3163 reports )
Article Collected
118826 reports
( compared to the privious fiscal year + 1499 reports )
video count
1169 reports
( compared to the privious fiscal year + 159 reports )
( Participation 106 Orgs )
Event Collected
1033 reports
( compared to the privious fiscal year + 237 reports )
※過去開催分含む

仲宗根遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/35699
DOI 2D code
2D Code download
※二次元コードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.35699
For Citation 沖縄市立郷土博物館 2011 『沖縄市文化財調査報告書39:仲宗根遺跡』沖縄市教育委員会
沖縄市立郷土博物館 2011 『仲宗根遺跡』沖縄市文化財調査報告書39
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=飛道|last=玉栄|first2=雅重|last2=縄田|first3=夕香|last3=八田|first4=清和|last4=比嘉|title=仲宗根遺跡|origdate=2011-03-31|date=2011-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/35699|location=沖縄県沖縄市上地2丁目19-6|ncid=BB06066647|doi=10.24484/sitereports.35699|series=沖縄市文化財調査報告書|volume=39}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 仲宗根遺跡
Participation-organizations 沖縄市 - 沖縄県
Alternative なかそねいせき
Subtitle 県道20号線(泡瀬胡屋線)拡幅工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 沖縄市文化財調査報告書
Series Number 39
Author
Editorial Organization
沖縄市立郷土博物館
Publisher
沖縄市教育委員会
Publish Date 20110331
Publisher ID 472115
ZIP CODE 904-0031
TEL 098-932-6882
Aaddress 沖縄県沖縄市上地2丁目19-6
Report Type Codes
埋蔵文化財(遺跡等)-発掘調査・分布調査・資料調査等
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Articles
Site
Site Name 仲宗根遺跡
Site Name Transcription なかそねいせき
Order in book 1
Address 沖縄県沖縄市仲宗根町馬上原
Address Transcription おきなわけんおきなわしなかそねちょううまいーばる
City Code 47211
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 261957
East Longitude (WGS) 1274821
Dd X Y 26.3325 127.805833
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20080709-20090202
Research Space
800
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
沖縄貝塚
Main Features
落ち込み
Main Foundings
土器
石器
Remark 縄文時代後期・晩期
古墳から平安並行時代
Site Type
集落
Main Age
グスク
Main Features
建物跡
土坑
溝状遺構
ピット
落ち込み
Main Foundings
青磁
白磁
染付
中国産褐釉陶器
土器
カムィヤキ
石器
鉄製品
玉製品
鉄滓
脊椎動物遺体
植物遺体
Remark
Abstract  仲宗根遺跡は、先史時代(縄文時代後期・晩期、古墳~平安並行時代)・グスク時代にまたがる遺跡で、大きくはこれまで周知の仲宗根貝塚と同一の遺跡である。時期的には縄文時代後期・晩期とグスク時代(14、15世紀)の遺物が中心に出土しており、水洗による遺物採集を行なったことにより、玉製品が242点と多数出土している。内1点は水晶(石英)製と判明している。また、鉄滓も出土しており、理化学分析の結果から、 1点に銀の含有が確認されている。炭化種子も出土しており、コメ・コムギ等が確認されている。
 遺構については、建物跡と考えられるものや土坑等を検出している。土坑は類似の形状のものを3基検出しており、同様の性格の遺構の可能性が考えられる。また直径10mを超える大きな落ち込みをはじめ、多数の落ち込みを検出している。検討を重ねたが、その性格は不明である。

Related Cultual Data

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 199
File download : 91

All Events

外部出力