奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28149 reports
( Participation 551 Orgs )
report count
88550 reports
( compared to the privious fiscal year + 500 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136269 reports
( compared to the privious fiscal year + 608 reports )
現在の文化財論文件数
1230 reports
( compared to the privious fiscal year + 413 reports )
video count
426 reports
( compared to the privious fiscal year + 15 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
513 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
※過去開催分含む

興道寺廃寺発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/32988
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.32988
引用表記 美浜町教育委員会 2016 『美浜町文化財調査報告9:興道寺廃寺発掘調査報告書』美浜町教育委員会
美浜町教育委員会 2016 『興道寺廃寺発掘調査報告書』美浜町文化財調査報告9
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 興道寺廃寺発掘調査報告書
Participation-organizations 美浜町 - 福井県
Alternative こうどうじはいじはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 美浜町文化財調査報告
Series Number 9
Author
Editorial Organization
美浜町教育委員会
Publisher
美浜町教育委員会
Publish Date 20160318
Publisher ID 184420
ZIP CODE 9191192
TEL 0770320027
Aaddress 福井県三方郡美浜町郷市25-25
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 興道寺廃寺
Site Name Transcription こうどうじはいじ
Order in book 1
Address 福井県三方郡美浜町興道寺
Address Transcription ふくいけんみかたぐんみはまちょうこうどうじ
City Code 18442
Site Number 30071
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 353554
East Longitude (WGS) 1355638
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.598333 135.943888
Research Period
20120820-20141128
Research Space
599.9
Research Causes 内容確認(第14~16次調査)
OverView
Site Type
集落
社寺
Main Age
古墳
飛鳥白鳳
奈良
平安
Main Features
掘立柱建物跡
竪穴建物跡
土坑
柱穴
ピット
Main Foundings
須恵器
土師器
製塩土器
Remark 興道寺廃寺第14~16次調査の成果と興道寺廃寺発掘調査総括報告を収録。
Abstract  興道寺廃寺の内容確認調査は平成14年(2002)に着手し、本報告の段階で第16次調査を終えた。本書に収録した調査は主に寺域の様相確認のために3年間において実施した第14~16次調査である。また、本書は興道寺廃寺発掘調査に関する総括報告書となっており、既往の調査にうち、重要な成果について再録した。
 興道寺廃寺は創建期、再建期と大きく2時期からなる古代寺院であることが判明し、特に8世紀後半から9世紀にかけての再建期の前後には連続的な堂塔の建て替えがあり、この時期には本格的な伽藍を備えた寺院であったことが明らかとなった。また、寺域確認の調査において、おおむね寺域の範囲が明らかとなり、将来的に保存・活用を図るべき範囲を考える上で重要な成果となった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 227
File download : 191

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events