奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27136 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86890 reports
( compared to the privious fiscal year + 18253 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135856 reports
( compared to the privious fiscal year + 4699 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

堀町遺跡(第6・7次)発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/32823
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.32823
引用表記 三重県埋蔵文化財センター 2018 『三重県埋蔵文化財調査報告378:堀町遺跡(第6・7次)発掘調査報告』三重県埋蔵文化財センター
三重県埋蔵文化財センター 2018 『堀町遺跡(第6・7次)発掘調査報告』三重県埋蔵文化財調査報告378
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 堀町遺跡(第6・7次)発掘調査報告
Participation-organizations 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Store Page https://www.d-pub.co.jp/shop/products/list.php?publisher_name=%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ほりまちいせきだいろく・しちじはっくつちょうさほうこく
Subtitle
Volume
Series 三重県埋蔵文化財調査報告
Series Number 378
Author
Editorial Organization
三重県埋蔵文化財センター
Publisher
三重県埋蔵文化財センター
Publish Date 20180316
Publisher ID 24000
ZIP CODE 5150325
TEL 0596521732
Aaddress 三重県多気郡明和町竹川503
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 堀町遺跡 第6次・第7次
Site Name Transcription ほりまちいせき
Order in book 1
Address 三重県松阪市朝田町
Address Transcription みえけんまつさかしあさだちょう
City Code 24204
Site Number a646
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 343411
East Longitude (WGS) 1363409
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.569722 136.569166
Research Period
20130510-20140212
20140917-20150120
Research Space
5463
720
Research Causes 高度水利機能確保基盤整備事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
飛鳥白鳳
奈良
平安
鎌倉
南北朝
室町
江戸
Main Features
竪穴建物
井戸
Main Foundings
縄文土器
石製品
陶磁器
金属製品
木製品
Remark
Abstract  堀町遺跡は櫛田川左岸の低地に位置する。今回の調査では、縄文時代から近世の遺構・遺物が確認された。
 第6次調査6・7区の下層では縄文時代中期末の遺物が集中的に確認され、竪穴建物の可能性もある落ち込みも検出された。第6次調査4区では縄文時代後期の土器も出土している。縄文時代に、低地の微高地上において活発な人間活動が行われていたことが判明したことは、今回の調査成果として特筆される。
 飛鳥時代や奈良時代の遺構は希薄であるが、第5次調査と同様に、平安時代から室町時代にかけての井戸や溝などが多数検出され、多くの遺物が出土した。特に、平安時代の墨書土器が多く出土したことは、遺跡の性格を考える上で注目される。
 また、今回の調査区は、現在の朝田集落の北縁部にあたり、朝田集落の前身である近世朝田村に関わると思われる近世の遺構・遺物も多く確認できた。二次的に被熱した陶磁器類が多く投棄された土坑もあり、江戸時代後期に集落内で火災が発生したことが窺われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 139
File download : 98

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events