奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27976 reports
( Participation 543 Orgs )
report count
88325 reports
( compared to the privious fiscal year + 271 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
135923 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
現在の文化財論文件数
1141 reports
( compared to the privious fiscal year + 324 reports )
video count
413 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

余川中道遺跡2 金屋遺跡3

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23078
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23078
引用表記 公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2015 『新潟県埋蔵文化財調査報告書253:余川中道遺跡2 金屋遺跡33/2』新潟県教育委員会
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2015 『余川中道遺跡2 金屋遺跡33/2』新潟県埋蔵文化財調査報告書253
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 余川中道遺跡2 金屋遺跡3
Participation-organizations 新潟県教育委員会 - 新潟県
Alternative よかわなかみちいせきに かなやいせきさん
Subtitle 一般国道17号六日町バイパス関係発掘調査報告書/一般国道253号八箇峠道路関係発掘調査報告書
Volume 3/2
Series 新潟県埋蔵文化財調査報告書
Series Number 253
Author
Editorial Organization
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
Publisher
新潟県教育委員会
Publish Date 20150316
Publisher ID 15100
ZIP CODE 9560845
TEL 0250253981
Aaddress 新潟県新潟市秋葉区金津93-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 余川中道遺跡
Site Name Transcription よかわなかみちいせき
Order in book 1
Address 新潟県南魚沼市余川字江端1330-1
Address Transcription にいがたけんみなみうおぬましよかわあざえばた
City Code 15226
Site Number 302
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 370429
East Longitude (WGS) 1385231
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.074722 138.875277
Research Period
20090518-20091120
20130617-20131025
Research Space
6380
2649
Research Causes 一般国道17号六日町バイパス建設
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
古墳
Main Features
土坑
ピット
土器集中
性格不明遺構
水田
Main Foundings
土師器
須恵器
石製品(砥石
勾玉
臼玉)
Remark 古墳時代前期から中期
Site Type
田畑
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
水田
畦畔
Main Foundings
土師器
須恵器
木製品(弓
曲物)
Remark
Site Type
集落
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
掘立柱建物
井戸
土坑
性格不明遺構
ピット
Main Foundings
土器・陶磁器(青磁
白磁
珠洲焼
瀬戸焼
美濃焼
土師質土器)
金属製品(錠
銭貨)
石製品(砥石
石鉢)
木製品(漆器
柱根
井戸構築材
板材)
Remark
Site Name 金屋遺跡
Site Name Transcription かなやいせき
Order in book 2
Address 新潟県南魚沼市余川字字金屋道上372-1
Address Transcription にいがたけんみなみうおぬましよかわあざかなやみちうえ
City Code 15226
Site Number 24
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 370502
East Longitude (WGS) 1385224
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.083888 138.873333
Research Period
20090413-20090529
Research Space
405
Research Causes 一般国道253号八箇峠道路建設
OverView
Site Type
田畑
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
畑作溝
土坑
ピット
性格不明遺構
Main Foundings
土師器
須恵器
Remark
Abstract 余川中道遺跡:扇状地扇端部に立地する古墳時代・古代・中世の複合遺跡である。古墳時代前期には、正方形に区画された極小区画水田が構築された。しかし、長期間、継続的に使われることはなかったようで、植物珪酸体はほとんど検出されていない。水田の構築後には地震災害・土石流災害に相次いで見舞われ、水田耕作は放棄される。なお、地震災害は中期までの間に3回発生している。これらは、六日町盆地西縁断層帯の活動によるものと考えられ、同断層の活動履歴を知る上で重要な情報となった。飯綱山古墳群が構築される中期になると、調査対象地では短期間(中期前半~中頃)に土器祭祀が盛んに行われる。ここには勾玉1点が伴うが、石製模造品による祭祀は認められず、2003年度調査区の様相とは明らかに異なる。古代には、水田が築かれる。調査対象地は、扇状地扇端部であることから、湧水を利用した水田が築かれたと考えられる。水田の区割りは古墳時代とは大きく異なり、長方形や鱗状のものから構成され、畦は高く構築される。中世には、15世紀を中心とする短期間に築かれた集落と考えられ、当時の掘立柱建物・井戸等を検出した。上田長尾氏の配下の集落と考えられる。特に、鍛冶関連遺構及び遺物が目立ち、家内手工業的な生産ではなく、専業に近い集団の存在をうかがえる。陶磁器は優品が多く、有力な集落の存在がうかがえた。
金屋遺跡:蟻子山古墳群と隣接する古墳時代~古代の集落である。調査範囲の大部分が土石流堆積物により損壊していたが、古代の畑作溝を検出した。本報告の調査範囲は集落の縁辺部と見られる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1038
File download : 33328

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events