奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26870 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84917 reports
( compared to the privious fiscal year + 16262 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135547 reports
( compared to the privious fiscal year + 4412 reports )
video count
332 reports
( compared to the privious fiscal year + 332 reports )
( Participation 34 Orgs )

高須賀中台東遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22313
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22313
引用表記 茨城県教育財団 2014 『茨城県教育財団文化財調査報告 382:高須賀中台東遺跡』茨城県教育財団
茨城県教育財団 2014 『高須賀中台東遺跡』茨城県教育財団文化財調査報告 382
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 高須賀中台東遺跡
Participation-organizations (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Alternative たかすかなかだいひがしいせき
Subtitle 一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 茨城県教育財団文化財調査報告
Series Number 382
Author
Editorial Organization
茨城県教育財団
Publisher
茨城県教育財団
Publish Date 20140312
Publisher ID 08000
ZIP CODE 3100911
TEL 0292256587
Aaddress 茨城県水戸市見和1丁目 356 番地の2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 高須賀中台東遺跡
Site Name Transcription たかすかなかだいひがしいせき
Order in book
Address 茨城県つくば市高良田元上新田字中臺621番地の1ほか
Address Transcription いばらきけんつくばしたからだもとかみしんでんあざなかだい621ばんちの1ほか 
City Code 082201
Site Number 08220-070
North Latitude (JGD) 360421
East Longitude (JGD) 1400056
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.0757 140.0123
Research Period
20100701-20110331
Research Space
11942
Research Causes 一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設事業に伴う事前調査
OverView
Site Type
集落
散布地
その他
Main Age
旧石器
縄文
古墳
Main Features
竪穴建物跡
土坑
集石遺構
井戸跡
陥し穴
石器集中地点
溝跡
ピット群
Main Foundings
縄文土器(深鉢)
石器(磨石)
土師器(椀
脚付坩
器台
高坏
小形壺
台付甕
小形甕
炉器台)
ミニチュア土器
手捏土器
土製品(土玉
管状土錘
鏡形土製品
糸巻形土製品
翼状土製品)
石器(砥石)
鉄器(刀子
槍鉋)
自然遺物(野蒜
炭化種子)
石器(ナイフ形石器
石刃
剥片)
縄文土器
土師器
石器(石皿)
石製品(有孔円板)
銭貨(寛永通寶)
Remark 古墳時代前期の竪穴建物跡から,鏡形土から,鏡形土製品,糸巻形土製品,翼状土製品がそれぞれ炉床面から,野蒜3,700 点 以 上が床面から出土している。

種別:集落跡 狩猟場 包蔵地 その他
Abstract 当遺跡は,後期旧石器時代には石器製作地点,縄文時代前期と古墳時代前期には集落として利用されていたことが明らかになった。古墳時代前期の竪穴建物跡では,焼失住居を複数確認するとともに,鏡形や糸巻形の土製品やミニチュア土器,土玉などが多数出土している。遺物の種類や出土状況から,住居の構築や廃絶時における祭祀的な行為が想定できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 161
File download : 73

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events