奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33552 reports
( Participation 638 Orgs )
report count
125300 reports
( compared to the privious fiscal year + 14212 reports )
( Participation 1875 Orgs )
site summary count
140773 reports
( compared to the privious fiscal year + 2385 reports )
現在の文化財論文件数
117290 reports
( compared to the privious fiscal year + 93702 reports )
video count
908 reports
( compared to the privious fiscal year + 133 reports )
( Participation 87 Orgs )
文化財イベント件数
751 reports
( compared to the privious fiscal year + 132 reports )
※過去開催分含む

山草荷遺跡出土の弥生土器

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/22136
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22136
引用表記 新発田市教育委員会 2018 『山草荷遺跡出土の弥生土器』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 2018 『山草荷遺跡出土の弥生土器』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=耕作|last=田中|first2=正史|last2=笹澤|first3=日出志|last3=石川|first4=瑞穂|last4=齋藤|first5=豊文|last5=野田|first6=裕之|last6=渡邊|first7=暁|last7=鈴木|title=山草荷遺跡出土の弥生土器|origdate=2018-03-30|date=2018-03-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/22136|location=新潟県新発田市乙次281番地2|ncid=BB26147479|doi=10.24484/sitereports.22136}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 山草荷遺跡出土の弥生土器
Participation-organizations 新発田市 - 新潟県
Alternative やまそうかいせきしゅつどのやよいどき
Subtitle 新発田市指定有形文化財(考古資料)
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
新発田市教育委員会
Publisher
新発田市教育委員会
Publish Date 20180330
Publisher ID 15206
ZIP CODE 9592323
TEL 0254229534
Aaddress 新潟県新発田市乙次281番地2
Report Type report
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 山草荷遺跡
Site Name Transcription やまそうかいせき
Order in book
Address 新潟県新発田市草荷1127~1129番地ほか
Address Transcription にいがたけんしばたしそうか1127から1129ばんちほか
City Code 15206
Site Number 592
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375930
East Longitude (WGS) 1391837
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.991666 139.310277
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
Research Space
Research Causes 学術目的調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
弥生
Main Features
Main Foundings
弥生土器
Remark 川原町口式系の 壺には,赤彩が 多い。

種別:遺物包含地
Abstract  山草荷遺跡は,新潟県の弥生時代中期後半を代表する遺跡である。平成26年1月にその出土
土器が新発田市有形文化財に指定されたことから,資料集としてここに全容をまとめたもので
ある。なお,「山草荷遺跡」は学史的な遺跡名であり,遺跡台帳は「山草荷Ⅰ遺跡」である。
 山草荷遺跡の土器は,東北南部の川原町口式系,秋田県域の宇津ノ台式,北陸の小松式,
中部高地の栗林式という東西南北の4系統で構成される。中でも,細い沈線で胴部に大きな
渦状文を描く川原町口式系の壺を主体とする。また,宇津ノ台式に小松式の要素が折衷した
土器は,本遺跡に特徴的である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 877
File download : 2010

All Events

外部出力