Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

御殿場市神山・駒門の遺跡群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21632
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21632
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2014 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告42:御殿場市神山・駒門の遺跡群』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2014 『御殿場市神山・駒門の遺跡群』静岡県埋蔵文化財センター調査報告42
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 御殿場市神山・駒門の遺跡群
Alternative ごてんばしこうやま・こまかどのいせきぐん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 42
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20140331
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name イザロ塚遺跡
Site Name Transcription いざろづかいせき
Order in book 1
Address 静岡県御殿場市神山字大野原
Address Transcription しずおかけんごてんばしこうやまあざおおのはら
City Code 22215
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351406
East Longitude (WGS) 1385356
Research Period
20000209-20000308
Research Space
440
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
Main Foundings
尖頭器
Remark
Site Name 宮ノ台遺跡
Site Name Transcription みやのだいいせき
Order in book 2
Address 静岡県御殿場市駒門字宮ノ台
Address Transcription しずおかけんごてんばしこまかどあざみやのだい
City Code 22215
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351544
East Longitude (WGS) 1385439
Research Period
20000621-20130305
Research Space
6563
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
溝状遺構
土坑
Main Foundings
縄文土器(早期
晩期)
石器(石鏃
削器
石錐
加工痕剥片
使用j痕剥片
石核
磨製石斧
敲石
礫器
石皿
台石)
金属製品(煙管
銭貨)
Remark
Abstract  イザロ塚遺跡では包含層中から縄文時代の尖頭器1点が出土した。
 宮ノ台遺跡では包含層中から縄文時代早期後半と晩期後半の土器が出土した。早期の土器は主に打越式土器と神之木台式土器である。晩期の土器は浮線文系土器の初現段階である女鳥羽川式に併行する土器である。これらの土器は宮ノ台遺跡のすぐ東に隣接する関屋塚遺跡から出土した土器と同じ型式であり、関屋塚遺跡の遺物包含層が西側にも続いていることが明らかになった。静岡県における浮線文系土器の出土量はまだ少なく、今回の調査で出土した土器は今後の調査・研究の良好な資料と成り得るものである。また、静岡県東部地域に多く分布している、中近世のものと考えられる溝状遺構と円形の土坑が検出された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 209
File download : 93

All Events

Similar Reports

Similar Events