Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23687 reports
( Participation 460 Orgs )
report count
62106 reports
( compared to the privious fiscal year + 13644 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126799 reports
( compared to the privious fiscal year + 32750 reports )

御殿川流域遺跡群Ⅴ 手乱遺跡・鶴喰広田遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21629
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21629
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告39:御殿川流域遺跡群Ⅴ 手乱遺跡・鶴喰広田遺跡』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『御殿川流域遺跡群Ⅴ 手乱遺跡・鶴喰広田遺跡』静岡県埋蔵文化財センター調査報告39
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 御殿川流域遺跡群Ⅴ 手乱遺跡・鶴喰広田遺跡
Alternative ごてんがわりゅういきいせきぐんご てみだれいせき・つるはみひろたいせき
Subtitle 一級河川御殿川広域河川改修事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 39
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130329
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 手乱遺跡
Site Name Transcription てみだれいせき
Order in book 1
Address 静岡県三島市鶴喰他
Address Transcription しずおかけんみしましつるはみほか
City Code 22206
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350559
East Longitude (WGS) 1385553
Research Period
20080500-20081000
Research Space
540
Research Causes 河川改修工事
OverView
Site Type
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
旧河道
杭列
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
陶磁器
土製品
木製品
石製品
金属製品
Remark
Site Name 鶴喰広田遺跡
Site Name Transcription つるはみひろたいせき
Order in book 2
Address 静岡県三島市鶴喰他
Address Transcription しずおかけんみしましつるはみほか
City Code 22206
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350559
East Longitude (WGS) 1385553
Research Period
20080500-20081000
20091100-20100300
Research Space
360
359
Research Causes 河川改修工事
OverView
Site Type
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
旧河道
杭列
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
陶磁器
土製品
木製品
石製品
金属製品
Remark
Abstract  御殿川流域遺跡群では、河川改修工事にともなって継続的な調査が行われている。今回は平成8年・9年実施調査区に隣接する地点で行われた手乱遺跡及び鶴喰遺跡の発掘調査である。御殿川の旧河道の一部が検出され、旧河道に長期にわたって堆積した包含層より、弥生時代~江戸時代にかけての遺物が多量に出土している。出土したのは、土器、陶磁器や木製品といった日常生活に関わる多種多様な遺物であり、これらは周辺に展開する集落域を考える上で貴重な資料群といえる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 136
File download : 70

All Events

Similar Reports

Similar Events